スポンサーリンク

【NXT VS AEW】レイティングは5週連続でAEWが勝利。しかし、圧倒的なライバルに太刀打ちできず

WWE・NXTとAEW・Dynamiteのテレビ戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」。10月第5週のレイティングが明らかになっています。

レスリング・オブザーバーによれば、10月第5週(10月30日)のNXTとDynamiteの平均視聴者数はこのようになっています。

  • NXT: 580,000世帯(前週698,000世帯。14%減)
  • Dynamite: 759,000世帯(前週963,000世帯。21%減)

今週もDynamiteの勝利となりましたが、数字は急落しています。この日はFOXでMLBのワールドシリーズが放送されており、20,800,000世帯もの視聴者数を獲得しています。今年のワールドシリーズは視聴者数が伸び悩んでいることが知られていますが、プロレス番組にとっては圧倒的な脅威でした。

また、両番組の視聴者数の差は159,000世帯となり、過去最小になっています。

もう1つの重要な数字である18歳から49歳までの視聴率も見てみましょう。

  • NXT: 0.18(前週0.21。17%減)
  • Dynamite: 0.33 (前週0.45。27%減)

こちらも急落。特にDynamiteの数字の落ち方は心配になるレベルです。とはいえ、性別やより細かい年齢差でNXTと比較すると、50歳以上と12-34歳の女性以外の数字はすべてDynamiteが勝っていました。男性の18-49歳の数字は0.48となっており、NXTの0.23に2倍以上の差をつけています。

2週連続でMLBのポストシーズンの影響を受けたウェンズデー・ナイト・ウォーズ。次週の数字に注目が集まります。NXTは再びミリオンに近づくことができるでしょうか?

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【WWE】NXTで史上初の女性レスラーによるウォーゲームズ・マッチが行われることが発表される。ナイア・ジャックスらも参戦に興味を示す
2019年、WWEでは女性レスラーによるトーナメント「メイ・ヤング・クラシック」も、女子レスラー限定のPPV"Evolution"も開催されないことになっています。ロンダ・ラウジーやベッキー・リンチの人気の後押しもあり、2018年は女性レス...
【WWE】ジョーダン・マイルス(元ACH)の黒人差別告発が暴走し、プロレス界全体に困惑が広がっている?
先日、ジョーダン・マイルス(元ACH)はWWEがデザイン・販売した彼の新Tシャツが黒人差別的であることを告発しました。そして、告発の一連の流れの中で、マイルスは怒りを様々な方面にぶつけてきました。WWEだけでなく、ROHやジェイ・リーサルに...
【WWE】「俺がNXTだ」フィン・ベイラーがNXT復帰を語る
約3年ぶりにNXTに復帰、ヒールターンしたフィン・ベイラーがThe Orlando SentinelとTVInsiderのインタビューに応じ、ヒールらしいコメントを残しています。 これまでのキャリアを振り返る イ...
タイトルとURLをコピーしました