スポンサーリンク

【AEW】ヤング・バックスが「プライベート・パーティと契約した理由」とバイラル・マーケティングについて語る

インタビュー

AEWの副社長を務める世界一のタッグチーム、ヤング・バックス(ニック&マット・ジャクソン)が、インタビューの中で様々な質問に答えています。一部を紹介します。

AEWのバイラル・マーケティング

バイラル・マーケティングとは、一言で言えば口コミを活用したマーケティング手法のことです。AEWはSNSを活用しているとマットは語ります。

Twitterを見れば、誰が話題になっているのか、波乱を起こしているのか、誰のgif画像が拡散されているのかがわかる。誰かが話題になる速度が史上最も早い時代だから、常に目を光らせているよ。最近のスターたちの多くはSNSで作られているよね。

プライベート・パーティと契約した理由

AEWには多くの若手選手が在籍していますが、AEW世界タッグ王座初代チャンピオン決定トーナメントの1回戦でヤング・バックスを破ったプライベート・パーティ(アイザイア・キャシディ & マーク・クエン)はその中でも特に無名の存在でした。彼らとの契約に至った理由は何なのでしょうか。マットはこう語っています。

Youtubeで60秒の動画を見てね。「よし、契約しよう」と言ったんだ。テレビ番組が機能しているのを見るのは楽しいね。数ヶ月前まで、誰も彼らのことを知らなかったんだから。今では、彼らの姿がスクリーンに映し出され、会場全体を興奮させている。

ヤング・バックスのみならず、ルチャ・ブラザーズやベスト・フレンズ、Proud-N-Powerfulなど、AEWには百戦錬磨のタッグチームが揃っています。プライベート・パーティは彼らとの試合に飲み込まれることなく、強い存在感を示すことに成功しています。AEWが生み出した最初のスターレスラーだと言うこともできるでしょう。

(参考: eWrestlingNews)

あわせて読みたい

ACHがTwitterのライブ配信で語ったこと。「新日本プロレスで達成すべきことがまだたくさん残っている」
WWEがデザインしたTシャツが黒人差別的だと告発し、ついに団体からの退団を表明するに至ったジョーダン・マイルス(ACH)。WWEからの正式な声明はまだありません。次のどの団体のリングに上がるかはわからない状態です。 ...
カイリ・セインの去就に関するいくつかの噂 / フラミータがROHと契約を結ぶ
ニュースをまとめて紹介。 カイリ・セインの去就に関するいくつかの噂 現在、アスカとのタッグチーム「カブキ・ウォリアーズ」として活動しているカイリ・セイン。WWE女子タッグ王座を獲得し、活動は順調に行っているようにしか見えないので...
【AEW】最新の各部門トップ5ランキング。PAC、ブリット・ベイカー、ルチャ・ブラザーズが1位に
レスラーの勝敗成績を重視し、ブッキングに反映させる方針を取っているAEWは、毎週各部門のトップ5ランキングを発表しています。各部門でのシングル・タッグ成績だけでなく、複数人試合の成績にも影響されている複合的なランキングです。 ...
タイトルとURLをコピーしました