スポンサーリンク

【AEW】最新の各部門トップ5ランキング。PAC、ブリット・ベイカー、ルチャ・ブラザーズが1位に

レスラーの勝敗成績を重視し、ブッキングに反映させる方針を取っているAEWは、毎週各部門のトップ5ランキングを発表しています。各部門でのシングル・タッグ成績だけでなく、複数人試合の成績にも影響されている複合的なランキングです。

“ランキング” の検索結果 | Wrestling-NOW.net レスリングナウ
海外発プロレスニュース紹介サイト。

先日、最新のランキング(第2回)が発表されたので、見てみましょう。

男性部門

  1. PAC(シングル: 4勝1負 全体: 4勝2負 前週2位)
  2. Cody(シングル: 3勝1負 全体: 4勝2負 前週1位)
  3. “ハングマン”アダム・ペイジ(シングル: 4勝3負 全体: 5勝5負 前週3位)
  4. ジョン・モクスリー(シングル: 2勝0負 全体: 2勝1負 前週5位)
  5. ダービー・アリン(シングル: 4勝2負 全体: 4勝3負 前週ランク外)

前週4位のケニー・オメガがランキングから姿を消しています。その代わりにダービー・アリンがランクイン。

女性部門

  1. ブリット・ベイカー(シングル: 3勝1負 全体: 6勝2負 前週2位)
  2. 志田光(シングル: 2勝1負 全体: 3勝1負 前週3位)
  3. さくらえみ(シングル: 1勝1負 全体: 2勝3負 前週1位)
  4. ナイラ・ローズ(シングル: 2勝3負 全体: 3勝3負 前週5位)
  5. アリー(シングル: 1勝2負 全体: 3勝2負 前週4位)

顔ぶれは変わらず。

タッグ部門

  1. ルチャ・ブラザーズ(タッグ: 4勝3負 全体: 5勝3負 前週1位)
  2. Proud-N-Powerful(タッグ: 2勝0負 全体: 3勝0負 前週ランク外)
  3. ヤング・バックス(タッグ: 4勝3負 全体: 7勝4負 前週3位)
  4. ベスト・フレンズ(タッグ: 3勝3負 全体: 4勝4負※ 前週5位)
  5. ダーク・オーダー(タッグ: 3勝2負 全体: 4勝2負 前週4位)

オルティス&サンタナのProud-N-Powerfulがランクイン。前週2位だったプレイベート・パーティがはじき出されました。

※トレント(・バレッタ)は全体4勝5敗

あわせて読みたい

【WWE】オニー・ローキャンが団体にリリースを要求していたことが明らかに
先日、シン・カラがWWEに対しリリースを要求した件が話題になりました。彼の要求は受け入れられず、契約が切れる2022年春までどんなに不満があろうとも団体に残らなければならない状態になりそうです。 そしてもう1人、実は先月末にリ...
【WWE】ジョーダン・マイルス(ACH)の黒人差別告発騒動UPDATE: WWEも必死だった
先日、WWEのジョーダン・マイルス(ACH)はTwitterで退団を報告しました。彼はWWEがデザインした彼のTシャツが黒人差別的であると告発し、WWEのみならず、ROHやジェイ・リーサルなどへの批判をSNSで投稿していました。 ...
【AEW】ニック・ジャクソン VS レイ・フェニックスの「ドリームマッチ」が来週のDynamiteで実現へ
世界一のタッグチーム、ヤング・バックス(ニック&マット・ジャクソン)が副社長を務めるAEWはタッグ戦線に優秀な人材が揃っています。ウィークリー番組Dynamiteでは毎週のように素晴らしいタッグマッチが行われており、タッグ戦線ではWWEを遥...
タイトルとURLをコピーしました