スポンサーリンク

WWEとROHが協力し、WWEのレスラーをROHのショーにブッキングするための話し合いが行われていたと報じられる

レスリング・オブザーバーがちょっと興味深い話を紹介していました。

AEW設立以降、WWEは所属レスラーの契約期間中の退団を許可しない方針を取っています。2019年4月以降、ルーク・ハーパー、マイク・ケネリス、オニー・ローキャン、シン・カラの4人がリリースを要求したものの、認められませんでした。

オブザーバーによれば、WWEとROHが協力し、ケネリスとローキャンのどちらか、もしくは両方をROHのショーにブッキングするための話し合いが行われていたそうです。

両団体は業界内の競合相手ですが、ビジネスパートナーでもあります。ROHがWWEに対し映像素材を提供することはしばしばあり、団体間の商談は何年にも渡って行われてきました。しかし、ROHが新日本プロレスと提携していることが、両団体の関係を限定してきたそうです。

ということで、ケネリス、ローキャンが本当にROHのショーに出場することになるかどうかは微妙なところです。ただ、WWEが、退団を希望しているレスラーを、WWEとの契約を継続させつつ他団体に出場させるという可能性を模索していたというのは興味深い話ですね。AEWへの強い意識が、WWEとインディ団体の壁を壊す可能性がある……。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

クリス・ジェリコが「WWEはローマン・レインズの扱いを間違っている」と語る
AEW世界王座の初代チャンピオンとしてDynamiteで暴れまわっているクリス・ジェリコ。最近、元WCWコナンのPodcastに出演し、様々な話題について語りました。 その中で、彼はWWEのローマン・レインズについて言及しています。 ...
WWEサミ・ゼインがプロレス界における「ステレオタイプ的価値観の変化」について語る
プロレス界では出自などに関するステレオタイプ的価値観がまかり通ってきました。例を挙げればキリがない領域ではありますが、最近の例でいえば、WWEのムスタファ・アリの場合、プロレスラーとしてデビューする時にムスリムであることを理由に悪役のキャラ...
【AEW】ケニー・オメガが活躍しきれていない現状について語る。「いつか自分の時間が来る」
新日本プロレスでの活躍ぶりから、世界一のレスラー候補の1人として挙げられることが多異ケニー・オメガ。"Full Gear"にゲストとして参加したグレート・ムタ(素顔)も「AEWのエース」と呼んだように、ケニーこそがAEWのエースだと考えるフ...
タイトルとURLをコピーしました