スポンサーリンク

クリス・ジェリコが「WWEはローマン・レインズの扱いを間違っている」と語る

インタビュー

AEW世界王座の初代チャンピオンとしてDynamiteで暴れまわっているクリス・ジェリコ。最近、元WCWコナンのPodcastに出演し、様々な話題について語りました。

その中で、彼はWWEのローマン・レインズについて言及しています。

もしローマン・レインズがAEWにいたら、あいつはもっと凄いことになっていたかもしれない。本物の男で、クールな奴。素晴らしい人間なんだよ。超クール。一緒に時間を過ごしたいと思わせるような男だ。でも、WWEは彼をそのように描こうとはせず、台本を与える。本物のローマン・レインズが輝くように導くことはない。

Sportskeedaによれば、ジェリコはセス・ロリンズに対しても同じ意見を持っているそうです。2人はユニークな性格の持ち主だから、台本を書き与える必要はない、というのがジェリコの意見。

以前、ダービー・アリンは、WWEではなくAEWとの契約を選んだ理由を次のように説明していました。

多くの人は、私と初めて会う時点では私のプレゼン方法がわからない。AEWは「どうプレゼンしてほしい?」というやり方だ。「これが君をプレゼンする方法だよ」というようなやり方じゃない。想像上の自由を与えてくれ。WWEなら、俺をボイラールームで一人気持ちよくなってるような奇妙な奴にしてただろう。俺はマトモだ。スケートボードをやりたい。そしてその文化を表現したいんだ。

WWEによるレインズのプッシュは批判されることが多く、彼が出てくるだけで大ブーイングが飛ぶこともありました。WWE以外の団体がジョー・アノアイという男をスターにしようと考えた時、どういうストーリーやキャラクターを用意するのか。ちょっと興味が湧きますね。

(参考: Sportskeeda)

あわせて読みたい

WWEサミ・ゼインがプロレス界における「ステレオタイプ的価値観の変化」について語る
プロレス界では出自などに関するステレオタイプ的価値観がまかり通ってきました。例を挙げればキリがない領域ではありますが、最近の例でいえば、WWEのムスタファ・アリの場合、プロレスラーとしてデビューする時にムスリムであることを理由に悪役のキャラ...
【AEW】ケニー・オメガが活躍しきれていない現状について語る。「いつか自分の時間が来る」
新日本プロレスでの活躍ぶりから、世界一のレスラー候補の1人として挙げられることが多異ケニー・オメガ。"Full Gear"にゲストとして参加したグレート・ムタ(素顔)も「AEWのエース」と呼んだように、ケニーこそがAEWのエースだと考えるフ...
【AEW】各部門の最新トップ5ランキング。ジョン・モクスリー、志田光、Proud-N-Powerfulが1位に
レスラーの勝敗成績を重視し、ブッキングに反映させる方針を取っているAEWは、毎週金曜日に各部門のトップ5ランキングを公開しています。このランキングはシングル・タッグなど、様々な試合形式での成績を考慮に入れた総合的なものです。最新のランキング...
タイトルとURLをコピーしました