スポンサーリンク

【WWE】ルーク・ハーパー退団に向けた準備を進めている模様

2019年4月にWWEからのリリースを要求したものの、認められなかったルーク・ハーパー。10月6日開催のPPV”Hell in a Cell”で久々にファンの前に姿を見せたものの本格復帰とはなりませんでした。

どうやら、今も彼の気持ちは変わっていないようです。PWInsiderによれば、彼はインディ時代のリングネーム”Brodie Lee”の商標登録をしたそうです。WrestlingNews.Coは、この動きを「WWE退団にむけた準備」と見なしています。

“Brodie Lee”としての最後の試合は2012年。久々にこのリングネームで試合をする日は遠くないかも……とはいえ、WWEが許可を出さないと退団はできないんですけどね。

(PWInsider)

あわせて読みたい

クリス・ジェリコが「WWEはローマン・レインズの扱いを間違っている」と語る
AEW世界王座の初代チャンピオンとしてDynamiteで暴れまわっているクリス・ジェリコ。最近、元WCWコナンのPodcastに出演し、様々な話題について語りました。 その中で、彼はWWEのローマン・レインズについて言及しています。 ...
WWEサミ・ゼインがプロレス界における「ステレオタイプ的価値観の変化」について語る
プロレス界では出自などに関するステレオタイプ的価値観がまかり通ってきました。例を挙げればキリがない領域ではありますが、最近の例でいえば、WWEのムスタファ・アリの場合、プロレスラーとしてデビューする時にムスリムであることを理由に悪役のキャラ...
【ROH】ケリー・クラインの事実上の解雇、ジョーイ・マーキュリーの告発をめぐる騒動について、所属レスラーたちが語る
先日、現役WOH王者のケリー・クラインが、現在の契約を更新しない旨をROHのCOO、ジョー・コフからメールで通告されるという出来事がありました。この件は元プロデューサーのジョーイ・マーキュリーによるROHの問題点に関する告発が原因にあると考...
タイトルとURLをコピーしました