スポンサーリンク

【WWE】スタジオ番組”WWE Backstage”の視聴者数が低迷。最新回は一つ前から32%もダウン

ニュース

2019年11月5日からFOXで放送が始まったスタジオ番組”WWE Backstage”。毎週異なるゲストを迎えたトークコーナーや、ジャーナリストのライアン・サテンによるニュースコーナーなど、豊富なコンテンツが魅力の番組です。

しかし、視聴者数の確保には苦労しているようです。放送開始後、最も多くの視聴者数を獲得したのは11月19日放送回の18万人。しかし、12月には2度9万人台を記録するなど、数字はなかなか安定せず、2019年内に放送された9回のエピソードの平均視聴者数は約12万人となりました。ただし、この数字は初回放送の4万9000人という数字を含めたもので、これを除くと約13万人。この数字をどう伸ばしていくかが2020年のポイントになります。

しかし、2020年の初回放送は12万人に留まり、14日放送の最新回は84000人。32%もダウンし、初回放送の次に低い数字になってしまいました。この日の放送にはウーソズ、エンバー・ムーン、エグザビアー・ウッズがゲスト出演しました。

来週の放送には番組の目玉であるCMパンクが出演するため、数字はおそらく回復するでしょう。しかし、パンクが出演しない回にどれほどの魅力を持たせられるかが課題になりそうです。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【AEW】DynamiteがTNTで2023年まで放送されることが決定。"AEW Dark"もTNTでの放送に移行へ
毎週水曜日(日本時間)にYoutubeで最新エピソードが公開されている"AEW Dynamite"のダークマッチを扱った番組"AEW Dark"。同日に公開される"NWA Powerrr"と共に世界中のプロレスファンを楽しませてきたコンテン...
【WWE】元ボクシング世界王座タイソン・フューリーに、HHHは大きな役割を期待している
2019年のサウジアラビア大会でブラウン・ストローマンとシングルマッチを行ったボクシングの元世界王者タイソン・フューリー。契約は1試合限りでしたが、今後もWWEで活動することに意欲的です。 NXTのシニア・ディレクターを務める...
テッサ・ブランチャードに浮上したレイシスト & 同僚へのいじめ疑惑、そしてWWEからのオファーがない理由についての噂
現地時間1月12日開催のPPV"Hard To Kill"で王者のサミ・キャラハンを撃破し、インパクト世界王座を奪い取ったテッサ・ブランチャードは、同王座史上初の女性王者という偉業を達成しました。しかし、その一方で、レイシスト疑惑が浮上し、...
タイトルとURLをコピーしました