スポンサーリンク

【WWE】9歳の失読症の男の子が750個のルービックキューブを使ってジョン・シナの顔を作る動画が話題に

ニュース 動画

俳優業に力を入れているジョン・シナは、2019年はレッスルマニア35での1試合にしか出場しませんでした。活動の幅を広げているスーパースターに憧れた一人の少年が、彼の顔を750個のルービックキューブを使って作る動画が話題になっています。

ベンジャミン・ルッソくんは失読症を患う9歳の男の子です。

失読症は、脳の損傷によって言語・記憶・行為・学習・注意など認知機能に障害が起こるいわゆる「高次脳機能障害」の一つとして分類されています。

この失語症では、「話す」「聞く」「読む」「書く」4つの言語機能の1つあるいは複数に影響が生じますが、中でも「読む」機能に障害が現れるものを失読症と呼びます。

つまり失読症とは、脳梗塞や脳卒中、脳出血などによって脳の中の言語をつかさどる領域が損傷することで、文字や文章を正しく認識したり理解したりする能力が損なわれてしまう障害のことを指します。

引用元: LITALICO発達ナビ

動画の冒頭部分で、彼は一連のカードを掲げます。

私は失読症です。読み書きに懸命に取り組んでいます。言葉が混同してしまいます。とてもイライラしたり、動揺してしまうことがあります。しかし、失読症になるということは、素晴らしいことができるということでもあります。このように……。

この後、動画は彼がシナの顔を作っていく様子を早送りで見せていきます。

動画を見ていると、これがルービックキューブを使ったアート作品だということを忘れてしまいそうになります。

そして、完成。

素晴らしい。言葉になりません。

ベンジャミンくんについて、シナはこうコメントしています。

これは#NeverGiveUpの1つの具体例だ。ベンジャミンは勇気、忍耐力、弱さ、圧倒的な強さを発揮している……。そして彼はARTISTだ!私は、あなた自身、あなたの作品、そしてあなたの前途を称賛します。

動画は、ベンジャミンくんが再びカードを掲げて終わります。

私にとって、失読症は障害ではありません。非常に大きな力なのです。

母親のメラニーさんは、失読症が彼の学校での勉強や宿題を困難にしている一方で、同時に彼の素晴らしい才能を輝かせてくれると語りました。

失読症患者の脳は非常に異なっています。右脳はとても強く芸術的で音楽的です。彼がこの驚くべき能力を持っているのは失読症によるものだと信じています。

ジョン・シナの顔はベンジャミンくんの新たなプロジェクトを実行に移すために撤去されてしまいましたが、動画が話題になったことでCNNからの取材を受け、ジョン・シナ本人からの反応もありました。彼の今後が楽しみですね。おそらく、彼はCube KidというYoutubeアカウントで作品を投稿していくことになると思われるので、気になった方はチャンネル登録をしてあげてください。

YouTube

(CNN)

あわせて読みたい

【WWE】コナー・マクレガーとダニエル・コーミエのWWE参戦にケイン・ヴェラスケスが太鼓判を押す
MMA界のビッグスター、コナー・マクレガーとダニエル・コーミエには、たまにWWE参戦の噂が出たり、2人がプロレスに言及することがあります。例としては、2017年にはマクレガーがWWEに参戦するのではないかというニュースをスポニチが報じたり、...
【新日本プロレス】KENTA、石森太二のROH遠征が決定。BULLET CLUBがリング上を支配する?
現地時間4月4日に開催されるROHの興行"Supercard of Honor XIV"に、新日本プロレスからKENTAと石森太二が参戦することが発表されました。 2人の他にも、同興行にはジェイ・ホワイトやウィル・オスプレイ、...
差別発言&いじめ疑惑が話題のテッサ・ブランチャードがWOWで起こしていた揉め事に明るみに出る
様々な意見が飛び交っているテッサ・ブランチャードの差別発言&いじめ疑惑。これまでの流れでは黒人女子レスラーのラ・ロサ・ネグラへの差別発言が話題になることが多かったのですが、もう1つのいじめ疑惑について新しい情報がいくつか出てきました。 ...
タイトルとURLをコピーしました