スポンサーリンク

PJブラック(ジャスティン・ガブリエル)が語るROHの魅力。「アーティストならやりたいことをするだけ」

WWEでタッグ王座を2度戴冠したジャスティン・ガブリエル。「自身の能力に限界を感じた」という理由でWWEを退団し、リングネームを”PJブラック”に変更。2016年からはルチャ・アンダーグラウンドを主戦場に活動していました。

2019年、ブラックはROHに移籍。その理由の1つに、ROHが新日本プロレスと提携関係にあることを挙げていました。

PJブラックが語るROHと契約した理由、AEWの衝撃
WWEで3度のタッグ王者に輝いたジャスティン・ガブリエル。WWE退団後は「PJブラック」というリングネームでルチャ・アンダーグラウンドなどで活動し、2019年に入ってROHと契約しました。26日に開催されたベラドール214のイベントでインタ

最新のインタビューで、ブラックはROHの魅力として「クリエイティブ・コントロールの自由」と「スケジュールの自由度」を挙げ、WWEとROHを比較しています。

アーティストならやりたいことをするだけ

「プロレスはartだ」と語るブラック。ROHのクリエイティブ・コントロールの自由とスケジュールのゆるさは「自分にあっている」そうです。古巣のWWEでの活動について、こう語っています。

WWEのことは大好き。だけど、あそこでは、みんなある種の手錠をかけられているんだ。自分がどういう存在なのか、どれくらいのカードに出場するレスラーなのかによって、自由度は明らかに変わってくる。

2019年4月にWWEとの契約が切れることになっていたAJスタイルズは、過去の実績から一定の休みを保証されていたランディ・オートンと同様の契約内容を求めてWWEと交渉を続けていました。AEW移籍の噂もあったものの、結局はWWEと契約を更新。ベテランの域に入ってきたAJは、おそらくオートン級の契約をゲットしたものと思われます。

AJのような名実ともに世界一のプロレスラーならともかく、ジャスティン・ガブリエルのようなレスラーにとって、WWEは「帯に短し襷に長し」な環境だったようです。WWE退団、そしてROH入団という決断をしたブラックのメンタリティは、次の言葉に集約されているような気がします。

大金を稼ぐことができる。人によっては素晴らしいことだ。家族がいるなら、すべきことをすればいい。でも、もしアーティストなら、やりたいことをするべきなんだよ。

かっこいい!

(参考:Fightful

・あわせて読みたい

G1 SUPERCARDでラダーが直撃した客のその後 / ROHのクリエイティブ・チームについて
ニュースをまとめて紹介。 G1 SUPERCARDでラダーが直撃した客のその後 新日本プロレスとROHがマディソン・スクエア・ガーデンで開催した合同興行”G1 SUPERCARD”。ダブルメインイベント1はROH世界王座を賭けた3way...
【海外の反応】歴史的一夜となった新日本&ROHの"G1 SUPERCARD"。海外ファンの反応はどうだった?
5時間半にも及ぶ長丁場となった新日本プロレスとROHの合同興行”G1 SUPERCARD”。ダークマッチにグレート・ムタが登場するというサプライズあり、IWGPジュニアヘビー級王座決定3wayマッチの熱戦あり、内藤哲也 VS 飯伏幸太の激突...
G1 SUPERCARDでのエンツォ・アモーレ&ビッグ・キャスの乱入は新日本プロレスに知らされていなかった
歴史的興行に水を指した2人の男について。 エンツォ・アモーレ&ビッグ・キャスの乱入は新日本プロレスに知らされていなかった? 新日本とROHの合同興行”G1 SUPERCARD”で行われたIWGPタッグ王座&ROH世界タッグ王座のダブルタ...
タイトルとURLをコピーしました