スポンサーリンク

【NXT VS AEW】Dynamiteが2020年無敗をキープ。ウェンズデー・ナイト・ウォーズ史上初の記録も達成

データ

毎週水曜日の夜に行われているWWE・NXTとAEW・Dynamiteによるテレビ戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」。最新回のレイティングが明らかになりました。

Showbuzzによれば、現地時間2月26日放送分の視聴者数は次の通り。

  • NXT: 717,000世帯(前週794,000)
  • Dynamite: 865,000世帯(前週893,000)

Dynamiteが大差をつけての勝利。これで9連勝となり、2020年無敗の状態をキープしています。NXTは2020年に入ってから70万台の壁を超えることができず、苦戦が続いています。両番組ともに前週よりも数字を落としているのは、オールスター休み明けのNBAに注目が集まったからのようです。

続いて、もう1つの重要な数字である18−49歳の視聴率を見てみましょう。

  • NXT: 0.23(前週0.25)
  • Dynamite: 0.3(前週0.31)

DynamiteはここでもNXTを上回っていますが、0.3は2020年に入ってから最低の数字です。この日放送されたケーブルテレビ曲の番組の中で、Dynamiteは全体の9位、NXTは全体の17位にランクインしています。

今週の年齢・性別別の視聴率で最も注目すべきは50歳以上の数字です。この領域はNXTが得意としており、これまでは常にNXTがDynamiteを上回ってきました。しかし、今週はNXTが0.34、Dynamiteが.036となり、Dynamiteが勝利。49歳以下のすべての数字もDynamiteが上回っているため、ウェンズデー・ナイト・ウォーズが始まって以来初めてのスウィープ勝ちとなりました。

今後もこの傾向が続くかどうかはわかりませんが、NXTが苦戦しているというのは明らかです。先日のTakeover: Portlandは大成功でしたが、通常回の数字を伸ばしていきたいところですね。

あわせて読みたい

【AEW】Codyが「AEWにおけるレッスルマニア級のイベント」について語る
毎年4月上旬にWWEが開催する年間最大興行「レッスルマニア」はプロレス界全体を巻き込む一大イベントです。開催週の週末には世界各国のインディ団体が開催地付近でイベントを開催し、ファンは各イベントを夜中までハシゴしてプロレス漬けの週末を過ごしま...
【海外の反応】ケニー・オメガ VS PACに「ファイブスター・マッチ」の声!Dynamite通常回で飛び出したPPV級の名勝負を語る海外ファンたち
現地時間2月26日に放送されたAEW・Dynamiteは、29日に開催されるPPV"Revolution"の直前回でした。AEW世界王座をめぐる元WWEスーパースター同士の戦い「クリス・ジェリコ VS ジョン・モクスリー」、団体を背負うベビ...
タイトルとURLをコピーしました