スポンサーリンク

【WWE】マイク・ケネリスが205LIVEを語る。「RAW・SmackDownはビンス、NXTはHHH。205LIVEは……」

インタビュー

先日、WWEは大規模なリストラを敢行しました。マイク・ケネリスは解雇されたスーパースターの1人。新日本への参戦やROHへの復帰を希望している彼は、活動の拠点だった205LIVEについて語りました。

【WWE】解雇されたマイク・ケネリスがリストラを語る。「パンデミックの最中に起きてほしくなかった」
先日、WWEは大規模なリストラを敢行しました。多くの現役スーパースターやスタッフたちが解雇、プロデューサーたちは一時解雇になっています。 解雇された中の1人であるマイク・ケネリスは、WrestleTalkのインタビュー...

205LIVEはクルーザーウェイト級のスーパースターたちが出演する番組です。ケネリスは、番組を仕切っていたのは誰だったのか、そして番組についてどう思っていたのかについて、他ブランドと比較しながらこう語っています。

RAWとSmackDownはビンスだ。すべてビンス。ポール・ヘイマンやブルース・プリチャードでさえ、ビンスを経由しなければアイデアを実現できない。それがいつものやり方、団体のやり方だ。好きだろうが嫌いだろうが、結局は受け入れなければならない。彼の団体なんだから。

NXTはHHH。彼がすべてを仕切っている。俺はNXTの番組には出ていなかったから、どのように機能していたかはよくわからない。ハウスショーは最高だよ。大抵はスティーブ・コリノかノーマン・スマイリーが切り盛りしていた。彼らは俺たちを信頼してくれていて、「お前たちがやりたいことをやって楽しんでこい」って感じだった。インディーズに戻ってきたような感じで、大好きだったよ。

205LIVEにいるのも好きだった。切り盛りしていたのはHHHということになっていたけど、実際にはアダム・ピアースなんだ。彼の仕事だよ。彼にはプライドがあって、俺たちにとっても偉大な存在だった。でも、205LIVEの一番好きだったところは、いつも試合時間を与えてくれたところだ。15分とか20分とかね。RAWやSmackDownのようにバラバラにされることはなかった。好きなようにやらせてくれた。

あわせて読みたい

【新日本プロレス】タマ・トンガがコロナ時代の新日本を語る。「『誰も解雇されることはない』と安心させてくれた」
新型コロナウイルスのパンデミックは世界中のプロレス団体に大きな影響を及ぼしています。新日本プロレスは当分の大会をすべて中止し、スタッフたちに報酬を支払い続けています。 BULLET CLUBのタマ・トンガは、コロナ時代における...
【ROH】マーティ・スカルが夢見る団体の未来。「B級のショーではなく……」
2020年1月にROHのヘッドブッカーに就任したマーティ・スカル。イベントを完全にコントロールできるようになるのは5月に入ってからだったそうですが、新型コロナウイルスのパンデミックの影響で6月末までの全イベントが中止になってしまいました。 ...
タイトルとURLをコピーしました