スポンサーリンク

【WWE】タイナラ・コンティが語る「WWEにおける他分野出身レスラーの苦悩」

インタビュー

2020年1月、柔道出身の若手女子スーパースター、タイナラ・コンティが所属団体のWWEに対してリリースを要求しました。これは受け入れられなかったものの、彼女は4月の大リストラで解雇されました。

【WWE】リストラされたタイナラ・コンティがWWEへの不満と2ヶ月前のリリース要求を語る
先日、WWEは大規模なリストラを敢行しました。 NXTのタイナラ・コンティも解雇されたレスラーの1人。しかし、彼女は他のレスラーたちとは事情が異なりました。 コンティは、以前からWWEに対して不満を抱いていました...

最新インタビューの中で、彼女は「WWEにおける他分野出身レスラーの苦悩」を語りました。

チャンスのための話し合いの場を求めていたんです。勘違いしてほしくないんですが、ビッグな扱いを求めたことはありません。TakeOverで試合をさせてほしいと言ったことも、タイトルに挑戦させてほしいと言ったこともないんです。一歩一歩歩みを進めていくことの大切さを知っていますから。でも、私は長い間足踏みを続けてしまった。3〜4分の試合で誰かを倒すようなことをしていて、自分に何ができるのかを披露できなかったんです。

プロモみたいなこともしたことがありません。ストーリーラインに関わったことがないんです。とてももどかしかった。「わあ、彼らは私のことを評価してくれている。いつかスターになれるかも」って状態だった。フィードバックはどれも素晴らしかったんです。私は何度も変わろうとした。自分を信じて。違うギミックを何度も試しました。でも、彼らは「いやいや、今のままでいいんだ」と言うんです。髪型を変えたり、ギミックを変えたり、コスチュームを変えたり……「ノー、タイ。今のままでいい。今のまま続けるんだ。いつかチャンスは来る」というばかりで、チャンスは来なかったんです。

こんなことを聞いたことがありました。「私をどう思います?」。そしたら、「まあ、ここには経験者が来るからね」と言われて。10年もキャリアのあるようなレスラーですよ。その時に思っていたことはこんな感じ。「キャリアのあるレスラーたちとの契約を続け、その上で私を使わないのなら、どうして他ジャンル出身のレスラーと契約するの?ここで時間を無駄にしろと?」

若くてルックスの良いレスラーはそれだけで重宝がられます。しかし、Cagematchのユーザーレビューにも現れているように(10点満点レビューの平均点が5.16)、実力が評価されているタイプではありませんでした。

団体は彼女をじっくり育て上げる予定だったのかもしれません。ただ、このインタビューを見る限り、コミュニケーションがうまくいっていなかったようです。彼女を安心させ、自信をつけさせることはできなかったのでしょうか……。

Santana Garrett vs. Taynara Conti: WWE NXT, Nov. 6, 2019

(参考: Cultaholic)

あわせて読みたい

ジョン・モクスリーが「AEWのクリエイティブ」「WWEの優秀なプロデューサー」を語る
2019年4月にWWEを退団し、AEWとフルタイム契約を結んだジョン・モクスリー。WWEとは異なるスタイルで番組制作を行っているAEWでの活動は快適なようです。 Fightfulのインタビューに応じたモクスリーは、AEWのクリ...
【WWE】アンダーテイカーが15年契約に合意したと報じられる
THEN NOW FOREVER レスリング・オブザーバーによれば、レジェンドレスラーのジ・アンダーテイカーが2019年にWWEと15年契約を結んでいたそうです。1990年にWWEに初登場した彼は現在55歳。契約を...
タイトルとURLをコピーしました