スポンサーリンク

【WWE】リストラされたタイナラ・コンティがWWEへの不満と2ヶ月前のリリース要求を語る

インタビュー

先日、WWEは大規模なリストラを敢行しました。

【WWE】解雇されたギャローズ&アンダーソンがリストラを語る。「彼らを応援してあげてくれ」
先日、WWEは総勢49人に及ぶ大規模なリストラを敢行しました。The OCのカール・アンダーソン&ルーク・ギャローズも解雇されたスーパースターの1人です。 復活したPodcast番組"Talk'n Shop"の中で、2人はこの...

NXTのタイナラ・コンティも解雇されたレスラーの1人。しかし、彼女は他のレスラーたちとは事情が異なりました。

コンティは、以前からWWEに対して不満を抱いていました。2018年のレッスルマニア34への出場後、ストレスが溜まっていったようです。

今回の解雇について、彼女はこう語っています。

私は幸せではありませんでした。皆さんも御存知の通り、私は柔道の経験者です。常に自分自身に妥協はしません。成長すること、成長するための空間を持つこと、有益な存在であること……。その必要性を常に感じていました。しかし、そんなことも感じなくなっていたんです。[…]変わろうとしました。もし変わることができないなら、行こう、職場を変えよう、と考えたんです。

2ヶ月前にリリースを要求したんですが、その時は認められませんでした。他に選択肢はなかった。もう一度やるしかなかったんです。そして、パンデミックの最中……家にいたら、電話がかかってきました。「Hey, Tay. Bye!」WWEは私を手放したんです。もちろんショックでした。動揺しました。ナーバスになりましたよ。でも、今はすべてを理解しています。嬉しいです。心のなかではWWEのことをよく思っていたい。いつまでもそう感じていたいから。

彼女は日本での活動を望んでいるそうです。パンデミックが収束しない限り実現は不可能でしょう。しかし、彼女はまだ24歳と若いため、チャンスはいくらでもあります。いつか日本で見てみたいですね。

(Cultaholic)

あわせて読みたい

WWEからリストラされたレスラーがAEWへの参戦希望を語る
先日、WWEは大規模なリストラを敢行しました。ルセフ、カール・アンダーソン、ルーク・ギャローズなど、多くのレスラーとスタッフたちがパンデミック下で職を失ってしまったのです。 業績悪化が避けられないWWEにとっても、人件...
【AEW】Codyが"Cody Rhodes"の商標を出願する
AEWの副社長を務めるCodyが、"Cody Rhodes"の商標を出願したことが明らかになりました。 CodyはWWE時代に"Cody Rhodes"のリングネームで活動していました。WWEがこのリングネームの商標を取ってし...
タイトルとURLをコピーしました