スポンサーリンク

【AEW】レイ・ミステリオ、カート・アングルらとの契約の可能性についてCodyが語る

ニュース

現在のプロレス界におけるトップフリーエージェント・レスラーは、レイ・ミステリオ、カート・アングル、テッサ・ブランチャードの3人でしょう。ミステリオとテッサはWWEと契約する可能性が高いそうですが、アングルは自身のビジネスが忙しいため、マット・リドルのマネージメントをするというオファーを断ったことを明かしています。

【WWE】レイ・ミステリオの契約が満了していたことが明らかに
2018年、レジェンドレスラーのレイ・ミステリオは古巣WWEと2年契約を結びました。彼の去就に関してはこれまでにも様々な情報が流れていましたが、どうやら契約は更新されることはなかったようです。 レスリング・オブザーバーによれば...

ESPNのインタビューに応じたAEWのCodyは、3人と契約する可能性について次のように語っています。

俺にとって、史上最高のルチャドールはレイ・ミステリオ・ジュニアだ。ここにも彼の友人がいる。ジェリコと彼は友だちだ。[…]レイはプロレスでまだまだやり残したことがあると思う。誰かが彼と今話し合いをしていることかもしれないね。

カートは素晴らしい。WWEから退団した後3回試合をしたんだよ。特別なレスラーだね。プロレスを続けたいと思っているかどうかはわからない。でも、そういう人に注視してる。ただのレスラーであることを超えて、何に興味を持っているのか。あれほど多面的でオリンピック出場の経験を持つ彼の情熱がリング外のどこにあるのかが気になるんだ。

(父タリーがAEWと契約中のテッサについて)彼女はALL IN(AEW設立のきっかけになったCody & ヤングバックスの自主興行)に参加していた。ALL INに参加していた人たちはみんな俺にとって特別な存在だ。個人的には、2世・3世のレスラーに最高の経験をさせてあげたい。彼女はとても、とても才能がある。ケニー、ブランディ、トニーとも話し合ったはずだよ。

実際のところ、3人がAEWと契約する可能性は低いでしょう。ただ、実力のあるレスラーがWWEとAEWのどちらを選ぶのかを想像するのは楽しい……。

(ESPN)

あわせて読みたい

ルセフが引退を宣言。「コンテンツ・クリエイターだ。もうプロレスラーじゃないんだよ」
2020年4月にWWEからリストラされた人気レスラー、ルセフ。90日間の競業避止義務が明け、どの団体にも参戦可能な状態になっています。AEWかインパクト・レスリングへの参戦が噂されているものの……。 しかし、どの団体にとっても...
ヴィッキー・ゲレロが語るWWEとAEWのクリエイティブの違い。「AEWにはリラックスした雰囲気がある」
故エディ・ゲレロの妻として知られるヴィッキー・ゲレロ。WWEでの活躍が知られる彼女は、7月からAEWでトランスジェンダー・レスラーのナイラ・ローズのマネージャーに就任しています。 Podcast番組"Instinct ...
タイトルとURLをコピーしました