スポンサーリンク

【WWE】ナタリアが「プロレスラーとしてのラナ」の低評価を嘆く

インタビュー

2019年末にWWEと5年契約を結んだラナ。夫・ルセフは2020年4月にリストラされてしまいましたが、ラナは今後もWWEでの活動が続くと考えられます。

主にセグメントでの活躍が目立ちがちなラナですが、ベテランのナタリアは「プロレスラーとしてのラナ」を評価しているようです。

みんなラナの実力を理解してないと思うんです。特にプロレスラーとしてのね。長い間マネージャーをやっているから、彼女の能力を少ししか理解してこなかった。ラナが状況に慣れ、リングで戦うようになれば、タッグチャンピオンになれると思います。サーシャ・バンクス&ベイリーの持つ女子タッグ王座に挑戦できる気がするんです。彼女はWWEの中でも最も偉大な未開拓レスラーだと思います。リング上での一面をみんな少ししか見たことないでしょ。

ラナがテレビで試合をする機会はそう多くはありません。ナタリアの高評価が証明される日は来るのか?

(参考:Ringside News

あわせて読みたい

レジェンド、エリック・ビショフが来週のAEW・Dynamiteに登場する?
アーン・アンダーソンやジェイク・ロバーツ、タリー・ブランチャードなど、AEWにはレジェンドレスラーが多く登場し、現役レスラーたちのサポートをしています。彼らの中にもう1人のレジェンドが加わるかもしれません。 以前もDynami...
AEW参戦のマット・カルドナ(元WWEザック・ライダー)。両者の契約はどうなっているのか?
現地時間7月29日に放送されたAEW・Dynamiteに登場したマット・カルドナ(元WWEザック・ライダー)。2020年4月にWWEからリストラされた彼の新天地はAEWになるのか、それとも……? Wrestling I...
タイトルとURLをコピーしました