スポンサーリンク

ACHとリオ・ラッシュがMLW参戦。番組復活の収録に参加

ニュース

いろいろあってWWEを退団した2人のレスラーがMLWの復活に関与することになりました。

新型コロナウイルスのパンデミックが起きて以来番組収録を停止してきたMLWは、先週フロリダ州オーランドで番組の収録を行いました。日曜日から火曜日までの間に16週分の収録が行われたそうです。

Wrestling Incによれば、そこにACHとリオ・ラッシュの姿もあったとのこと。

2019年2月にWWEに入団したACHは、WWEがデザインした自身のオリジナルTシャツが黒人差別的であると批難したことが話題になりました。彼の怒りは次第に暴走し始め、WWEだけではなく、古巣ROHやプロレス界全体への不満をぶちまけるようになっていき……11月21日に契約を解除。その後はインディシーンを中心に活動を続けています。

2017年にWWEに入団したリオ・ラッシュは試合だけではなく素行面でも話題になることがあり、深刻なバックステージ・ヒートを起こしていたことなどが話題になりました。2020年4月にWWEをリストラされた後は、パンデミック下ということもあり、3試合にしか出場していません。

2人が今後もMLWに参戦するかどうかは不明です。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【AEW】「選手たちの給料を上げれば、彼らはインディ・ショーでコロナのリスクに晒されずに済む」という意見にジョーイ・ジャネラが反論
今週のDynamiteでケニー・オメガと対戦予定だったジョーイ・ジャネラは、新型コロナウイルスの感染者と接触したことを理由に出場がキャンセルされました。 AEWの所属選手たちはたまにインディ団体の大会に参加して...
AEWとの契約のためにMLWからの退団を希望したレスラーが要求を拒否される
10月に番組の収録を再開し、11月から新エピソードが放送される予定のMLW。1人のレスラーの契約を巡って揉め事が起きているそうです。 Bodyslam.netによれば、所属レスラーのマンス・ワーナーが契約途中での退団を希望した...
タイトルとURLをコピーしました