スポンサーリンク

【AEW】ジム・ロスが語る「現代のプロレスラーが直面している問題」

インタビュー

AEW・Dynamiteで実況アナウンサーを務めている大御所、ジム・ロス。これまでにWWEで数多くの名勝負を目撃し、現在はAEWで新しいスタイルのプロレスを視聴者にイントロデュースするという仕事をしている彼が、現代のレスラーが直面している問題について語りました。

AEWはThe Eliteが中心となって設立された団体で、スポーツライクなプロレスを標榜しています。すべてのレスラーがこうしたスタイルを持っているわけではありませんが、激しい試合になりがちなレスラーも多く在籍しています。

ロスが考える問題は試合時間です。一部のレスラーは、試合時間をより長くすれば、伝えられるストーリーもより多くなると教えられている。でも、実際には必ずしもそうではなく、自分の仕事を信用していれば、与えられた時間内でストーリーを十分に伝えられるとロスは考えています。

AEWでも試合時間が長すぎると思うことがある。みんな洗脳されているんだよ。「15分しか与えられなかった、持ち時間は18分だけ」って、何言ってるんだ?与えられた時間内で自分のストーリーを伝えられないような選手なのか?そんなわけないことは明らかなのに。

今日のプロレス界における大きな誤りは、自分のストーリーを伝えるためには「○○分必要」だという考え方だと思う。そんなの、どこに書いてあるの?その哲学には同意できないね。

試合時間が長ければいいというわけではないですからね。

(参考: Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【WWE】ダニエル・ブライアンが語る「フルタイムレスラーとしての最期、若手に道を譲ること」
2000年代から現在に至るまで、プロレス界のトップをひた走ってきたダニエル・ブライアン。彼の功績は計り知れません。 現在39歳のブライアンは、これからのプロレス界や今後の自分のキャリアについてどう考えているのでしょうか?Tal...
【WWE】ビッグEが語る「NEW DAYの別れを知った日、その心境」
2020年のドラフトでは、大人気トリオ”NEW DAY"の別れというドラマが起きました。SmackDown所属だったコフィ・キングストンとエグゼビア・ウッズがRAWに移籍し、ビッグEが残留。3人揃っての活動は当分できなくなりました。 ...
タイトルとURLをコピーしました