スポンサーリンク

【AEW】ケニー・オメガがAEW世界王座への挑戦権を獲得!

ニュース

現地時間11月7日に開催されたAEWのPPV”Full Gear”。第1試合はケニー・オメガとハングマン・ペイジによるAEW世界王座のナンバーワンコンテンダー・マッチでした。

Dynamiteの放送開始後はタッグチームとして活躍し、AEW世界タッグチーム王座も獲得した2人の直接対決。ベストバウト・マシーンと次世代のビッグスター候補の戦いは、激しく、濃厚なものになりました。

試合は序盤から目まぐるしい攻防に。ペイジは荒々しく、ケニーは持ち前の運動神経を最大限に発揮します。

一進一退の攻防が続く中、ペイジは花道&リングでのポップアップ・パワーボム2連発を決め、ここぞの場面でラリアットを打ち込んでケニーの体力を奪います。しかし、ケニーはVトリガーでペイジに主導権を渡しません。

ペイジは必殺技のバックショット・ラリアットを何度も狙うものの、決めきることができません。渾身の一振りもかわされてしまい、ケニーのVトリガー2連発を無防備な顔面に浴びてしまいます。最後はケニーが片翼の天使。3カウントを奪って勝利したのはAEW設立2年目の巻き返しを誓うベストバウト・マシーンでした。

素晴らしい試合でした。1試合目にマッチ・オブ・ザ・ナイト候補の試合を持ってこれるのは海外プロレスならでは。勝利したケニーはAEW世界王座への挑戦権を獲得しました。

あわせて読みたい

【WWE】バックステージでの影響力を強めるダニエル・ブライアン。今後の役割は?
SmackDownに復帰したダニエル・ブライアン。5月から長期欠場している間はバックステージでクリエイティブ面の影響力を示していましたが、今後はどうなるのでしょうか。 現在、彼はSmackDownのライティングチームの一員にな...
【WWE】ペイジが元恋人アルベルト・デル・リオから受けた虐待を告白
先日、元WWEスーパースターのアルベルト・デル・リオが性的虐待と誘拐の容疑で起訴されました。 2020年初頭にはWWEへの復帰を希望していたデル・リオですが、これで復帰の道は絶たれたと考えていいでしょう。 彼の元...
タイトルとURLをコピーしました