スポンサーリンク

「コードブレイカー」は今もWWEでNG扱いになっている

ニュース

クリス・ジェリコのフィニッシャーの1つとして知られる「コードブレイカー」。汎用性が高く、多くのプロレスラーが使用している技ですが、WWEでは名前を聞くことがありません。

ジェリコがAEWに入団した2019年、WWEは技名をNGワード扱いにしました。アナウンサーチームは、リコシェやアスカが技を使うと「ダブルニー」などと呼んでいます。

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、現在も「コードブレイカー」はNG扱いとなっており、アナウンサーチームは技名を言い換えるよう指示されているそうです。

技名が解禁されることはあるのでしょうか?

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【WWE】サーシャ・バンクスが「Total Divas」を含むリアリティ・ショーに出演しない理由を明かす。
WWE所属の女性選手たちに焦点を合わせたリアリティ・ショー「Total Divas」。WWEでもトップクラスの人気を誇るサーシャ・バンクスは番組から距離を取っています。 ステファニー・チェイスのインタビューに応じたザ・ボスは、...
【AEW】ダービー・アリンが「ジェフ・ハーディと比較されること」を語る
AEWの若きスターレスラー、ダービー・アリン。突飛なアイデアと表現能力の高さを高く評価されている彼は、しばしばジェフ・ハーディと比較されることがあります。 カリスマ性やキャラクターは確かに近いものがあるような気がします...
タイトルとURLをコピーしました