スポンサーリンク

【WWE】マット・リドルが再契約に合意

ニュース

WWE所属のマット・リドルが複数年契約での残留に合意した、とFightfulが報じました。

リドルは2020年6月にメインロースターに昇格。現在はRAWのメンバーとして活動しています。11月からはリングネームが「リドル」に変更されています。

レスリング・オブザーバーによる2020年12月のレポートによれば、WWEのオファーは年俸は40万ドル以上。サウジアラビアでのイベントに出場すると5万ドルのオファーが出るという内容でした。契約年数は3年とされています。

WWEの最高責任者ビンス・マクマホンは、彼のことを「メインイベンターではないが、テレビ番組のパフォーマーとしては価値がある」と見なしているそうです。新たな契約期間中に評価を上げ、メインイベンターになることはできるでしょうか?

【WWE】AJスタイルズが期待する「将来のスター候補」は誰?
WWEのトップスターとして活動中のAJスタイルズ。最新のインタビューの中で、将来を期待しているスター候補の名前を2つ挙げました。 マット・リドルは間違いない…。これから来るよ。間違いなく注目すべきだ。ビッグスターになるだろうね。 ...

(Fightful)

あわせて読みたい

【AEW】カール・アンダーソン & ドク・ギャローズがDynamiteに登場!元Bullet ClubメンバーたちとToo Sweet!!
現地時間1月6日に放送されたAEW・Dynamiteでは、ケニー・オメガとレイ・フェニックスによるAEW世界王座のタイトルマッチがありました。 試合に勝利したのはケニーでした。試合後、ケニーとドン・キャリスはフェニックスのキャ...
「インパクト・レスリングと組んでもAEWには得がない」?インパクト副社長がこうした意見に反論
2020年12月にケニー・オメガがAEW世界王座を戴冠し、インパクト・レスリングの番組に出演するようになってから、両団体の関係に注目が集まるようになりました。レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、両団体の間で何が起きてもおか...
タイトルとURLをコピーしました