スポンサーリンク

【WWE】ダニエル・ブライアンが「引退」について語る。「考えたことない」

ニュース

SmackDownのバックステージでクリエイティブ面の影響力を強めているダニエル・ブライアン。現在のフルタイム・レスラーとしての契約が満了した後はパートタイマーになることを公言しています。

【WWE】ダニエル・ブライアンのフルタイム契約がまもなく失効。今後はパートタイマーに
WWEのトップスター、ダニエル・ブライアンのフルタイム契約がまもなく失効することが明らかになりました。 BT Sportのインタビューに応じたブライアンは、今後は「フルタイムの父親、パートタイムのレスラー」になると語っています...

ベテランとなり、試合数を抑えることを決断したDB。その先にある「引退」についてはどう考えているのでしょうか?Solo Wrestlingのインタビューの中で、彼は次のように語っています。

今はフルタイムで働いているけど、そう長く続ける気はない。ただ、引退については考えたことがないんだよね。不思議なことに。歳をとっても戦いたいと思っててね、つまり、高齢になってもプロレスを続けたいということだ。

プロレスのことを愛しているし、高齢者と呼ばれるまで現役を続けたレスラーたち、ジェリー・ローラーやテリー・ファンク、さらにはジョニー・セイントなどのヨーロッパで活躍したレスラーたちの影響を受けている。

年齢を重ねることでスタイルが変わるのは当然のことだ。今のようなスタイルを50歳になったときにも続けられるわけがないし、今の俺は25歳のときのような試合をできない。加齢に順応し、進化しないといけないんだよ。

DBほどの技術力を持ったレスラーが現役をいつまでも続けたいと考えているのは嬉しいです。どのようなレスラーに「進化」し続けていくのか、楽しみです。

(SESCOOPS)

あわせて読みたい

【新日本プロレス & AEW】「一緒に新しい王国をつくろう」ケニー・オメガが飯伏幸太からの全面対抗戦要求にリアクション!ここ最近の動向まとめ
2021年の新日本プロレス「レッスルキングダム15」でIWGPヘビー級王座 & IWGPインターコンチネンタル王座の二冠王者になった飯伏幸太。先日、Twitterでこうツイートしました。 2008年…忘れてない。あの時の事、Y...
【新日本プロレス】ジョン・モクスリーがNJPW STRONGに登場!2月26日にアメリカでタイトルマッチ
■追記 2021/1/31 ジョン・モクスリーとKENTAのタイトルマッチは2月26日に配信される「New Beginning USA 2021」で行われることが発表されました。この記事の公開時点のタイトルは「【新日本プロレス】ジョン...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました