スポンサーリンク

WWEが人気ミュージシャン・カーディBとのビジネスに興味を示していることが明らかに

ニュース

大人気ミュージシャン、カーディB。2020年に発表した楽曲『WAP』は、あらゆる分野で論争を巻き起こしました。

カーディ・B、「WAP」のミュージックビデオ制作費は1億円。
カーディ・Bによると、ミーガン・ザ・スタリオンをフィーチャーした「WAP」のミュージックビデオは100万ドル(約1億400万円)をかけて制作されたそうだ。

1月、RAWの中で彼女の存在がギャグとして扱われたことがきっかけで、彼女はTwitterでWWE関連のツイートを投稿していました。若い頃にWWEを見ていたこと、サーシャ・バンクスのファンであること……。

WWEは人気者を番組に登場させることにオープンです。今年のRoyal Rumbleにはラッパーのバッド・バニーが登場し、ファンを沸かせました。

WWEの社長兼CROのニック・カーンは、フォーブス紙の取材の中で、カーディBとのビジネスに興味を持っていることを明かしました。新型コロナウイルスのパンデミックが続く中、ミュージシャンはツアーを行うことができません。バッド・バニーの登場はこのことが影響していました。カーディBが番組やPPVに登場する可能性もありそうです。

Forbes

あわせて読みたい

【新日本プロレス】ロッキー・ロメロが語る「AEWとの提携とジョン・モクスリー」
新日本プロレスのロッキー・ロメロは新日本の内部でも働いています。2年前にクリス・ジェリコのPodcast番組「Talk Is Jericho」に出演した際は、他団体とのスケジュール調整などを担当していると語っていました。 ...
【WWE】セザーロが残留へ。ガントレット・マッチで活躍するはずだったのは中邑真輔ではなくセザーロだった?
ファンからは高く評価されているものの、ミッドカード・レスラーという立場からなかなか抜け出せずにいるセザーロ。先日、現在彼とWWEの間で結ばれている契約がレッスルマニア37終了後間もなく満了することが報じられました。 レ...
タイトルとURLをコピーしました