スポンサーリンク

【WWE】復活するゲームシリーズ「WWE 2K」、どん底からのスタートへ。「評判は理解してる」

ニュース

WWEを題材にしたゲーム「WWE 2K」。長らくプロレスゲームの代表格として愛されてきたシリーズは、2019年発売の「2K20」の評判があまりにも悪かったため、2020年の新作発売を見送るという最悪の出来事がありました。

"WWE 2K20"は修正パッチが配布された後もバグの山
WWEのゲーム・シリーズ最新作"WWE 2K20"は販売前から悪評の嵐でした。グラフィックの劣化、操作性の悪化、バグの多さなど、その理由を挙げればキリがありません。 IGNのレビューでは10点満点中2点。Twitterでは#F...

ゲーム開発に携わってきたユークスがチームから離れ、「2K20」が史上最低レベルのゲームと見なされ、シリーズも休止。ユークスはライバル団体AEWのゲーム制作に加わりました。誰がどう見ても、かつての人気シリーズは「どん底」からのリスタートを切ることになります。

2K社のグローバル・コミュニケーション・マネージャーを務めるアル・スタボラ氏は、2021年発売の最新作「2K22」が「2K20とは完全に異なるものになる」とファンに宣言しています。

透明性が何よりも重要だと考えています。シリーズへの評判はもちろん認識していますよ。新作は、これまでとはまったく異なる新しい方向性の作品です。もちろん正しい方向に歩みを進めています。そのことを示すため、早い段階からファンとの頻繁なコミュニケーションを取りたい。

異なるのはゲームそのものだけじゃないんです。販売方法もメディア戦略も制作チームも、ファンコミュニティとのつながりも新しくなります。たくさんの新しいアイデアを試したい。ファンの皆さんには、これまで以上に早くで、今までよりも深く、舞台裏を見ることになりますよ。

新作、楽しみですね!

(Cultaholic)

あわせて読みたい

【AEW】マイク・タイソン、クリス・ジェリコのユニット「The Inner Circle」に加入!
現地時間4月14日に放送されたDyunamiteでは、クリス・ジェリコとダックス・ハーウッドによるシングルマッチが行われました。 The Inner Circleのリーダー、そしてMJFをリーダーとする新ヒールユニット「The...
【WWE】ランディ・オートン、レッスルマニア37に家族を招待するために2万ドル支払う
現地時間4月10・11日に開催されたレッスルマニア37。2日目の第1試合でブレイ・ワイアットと対戦したランディ・オートンはイベントに家族を招待したそうです。 ただ、どうやら「タダ」ではなかったようです。彼はTwitterでこう...
タイトルとURLをコピーしました