スポンサーリンク

【AEW】ジャングル・ボーイの入場曲が「Tarzan Boy」になったのはあの人のアイデアだった

インタビュー

「Double or Nothing」でのCasino Battle Royaleに勝利し、ケニー・オメガの持つAEW世界王座への挑戦権を獲得したジャングル・ボーイ。AEWの若手のホープで、ダービー・アリンやMJFに次ぐスター候補です。

彼はインディ時代からバルティモラの大ヒット曲「Tarzan Boy」を入場曲として利用しており、AEW入団後は権利問題で使えない時期もありましたが、2021年からは再びこの曲で入場することができるようになりました。

DoN終了後の記者会見で、彼は「この曲を使うようになった理由」を明かしました。

ちょっと言いすぎかもしれないけど、出番の前は気分が悪くなっちゃうんだよ。いつもそう。さあステージに出ていくぞって時に、ゴミ箱に吐いてから行くこともあるからね。めちゃくちゃ緊張するタイプなんだ。でも、今は入場曲を聞いたら落ち着くことができて、すぐに具合がよくなるようになった。いくぞ、やってやるぞって気分になるんだよね。前はすぐに効果が切れちゃってたんだけど、今は入場曲を聞いたファンのリアクションも大きいし、みんな楽しんでくれているから、とてもうれしいよ。入場曲には本当に助けられてると思う。

元々はどうかしてる話でさ。あの曲(Tarzan Boy)を使うようになったのはジョーイ・ジャネラのアイデアなんだ。俺自身はまったく知らない曲だったんだけど、ジャネラが「これを入場曲にするべきだよ」って。誰の曲かも知らないし、ちょっとマヌケな曲だなとさえ思ったくらいなんだけど、ファンの反応が本当に良くて、それで好きになったんだよ。でも、AEWに来たことで、権利の関係で曲を使えなくなってしまった。魔法が解けてしまったような気がしたんだ。

実は、トニー・カーン(社長)がこの曲のことをずっと復活させたがっていて、「絶対に権利問題を解決してあげる。俺が買うよ」みたいなことをテンション高めで言ってたくらいなんだ。俺は「ありがとう。またあの曲で入場できたら最高だね。でも、期待しないでおくよ」と言い返したりしてさ。それで、一体どうやったのかはわからないんだけど、トニーは権利問題をなんとかしちゃったんだよ。今年の初め頃のことだね。これで風向きが変わったような気がする。全く新しいレベルにやってきたような気分だ。トニーは本当に最高だよ。寛大で、情熱的で、いろんなことにエキサイティングして……まあ、いろんな意味でね。俺のためにそういうことをしてくれて、本当に感謝してるんだ。

この手の裏話は大好きです……。ジャネラはいろんなところに影響を与えていますね。

Tarzan Boyはイタロ・ディスコの曲ですし、ジャングル・ボーイが「マヌケ」だと思うのは無理もない話です。このジャンルに精通している電気グルーヴもこんな感じで紹介するニッチなジャンルですからね……。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【AEW】トニー・カーン社長「WWE挑発プロモの公開前に新日本プロレスに相談した」
先日、レスリング・オブザーバーがWWEと新日本プロレスの交渉を報じました。WWEニック・カーン社長が主導となり、ダニエル・ブライアンの新日本参戦を中心とした話し合いが行われていたそうです。 この報道が出た後、新日本と提...
【AEW】スペイン語実況席での志田光に対する人種差別について、トニー・カーン社長が志田へ謝罪
Dynamiteの最新回で、番組の本筋とは違うところで大事件が置きました。CM中のスペイン語実況席の会話が放送に乗り、ウィリー・ウルビーナが志田光に対して人種差別的な発言をしていたことが世界中に暴かれてしまったのです。 ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました