スポンサーリンク

【WWE】言動が論争の的になっていたドレイク・ヤンガーが解雇の裏側を語る。「パフォーマンスのせいじゃない」

インタビュー

2021年5月にWWEから解雇されたレフェリー、ドレイク・ワーツ(ドレイク・ヤンガー)。彼のQアノン的・オルタナ右翼的な言動は論争の的になることが多く、現場では「人種差別主義者」だという認識が広まっていたそうです。

【WWE】Qアノン・レフェリーのドレイク・ヤンガーがリリースされる
言動が話題になりがちだったQアノン・レフェリー、ドレイク・ワーツ(ドレイク・ヤンガー)。 Fightfulによれば、彼は今日団体からリリースされたそうです。最後の出番は現地時間5月18日放送のNXTでのティモシー・サッ...

“Fireside Chat”に登場したワーツは、解雇の裏側や私見を述べました。

(解雇について)予想はできていたよ。最後の6ヶ月間、職場では「心ここにあらず」って感じだった。場の雰囲気に馴染めなくなっていたし、給料をもらうためだけに出勤するような状態だったんだよね。そうなっちゃったら、もうそこにはいられない。

テリー・テイラー(パフォーマンスセンターのトレーナー)のクラスに行こうとしていたら、オフィスに呼び出されたんだ。そして、キャニオン・セマン(タレント部門のシニア・ディレクター)から解雇を言い渡されたけど、驚きはなかったね。テイラーとマット・ブルーム(ジャイアント・バーナード)という、親しくしていた2人のコーチに別れの挨拶をさせてくれたのはよかった。

自分の家族と一緒に過ごす時間よりも、職場にいる時間の方が長かったわけだから、別れはほろ苦かったよ。でも、俺のパフォーマンスが原因になったわけじゃない。いつも一定のレベルで働けていたし、選手たちとのリング上での信頼関係が揺らぐこともなかった。トップ選手たちからはいつもレフェリングを依頼されていたしね。

(WWEからの態度が変わったのは)去年の11月。アメリカ大統領選挙の頃だね。すべての始まりはキャンセル・カルチャーだよ。自分と異なる意見を持つ相手を攻撃する運動だ。俺とWWEの間で言えば、デビッド・ビクセンスパンからの攻撃が始まったのがきっかけになった。あれからだ。

(WWEからの停職処分について)レッスルマニアの1ヶ月前に、俺が所属している部門のトップであるスコット・アームストロングから電話があったんだ。「NXTで新型コロナウイルスの陽性反応者が出たから、全員に自己隔離をしてほしい」とのことだった。でも、「俺にはやらなきゃならないことがある。俺はコロナじゃない。テスト結果は陰性だったじゃないか。濃厚接触者でもないよ。教会に行かなきゃならないし、息子の野球チームでコーチもしてる」と伝えた。WWEでの仕事よりも大切なものが俺にはあるんだよ。「嫌だ、ステイホームなんてしないぞ」と言ってやった。そうしたら、「番組には2週間出ないでくれ。自己隔離義務違反だ」と連絡があってさ。「教会に行ったのが悪いって?」と返したら、返答を拒否されたよ。

(新型コロナウイルスの存在を信じるか)もちろんだよ。祖父母がコロナに感染したし、俺も陽性反応が出たことがある。NXTで起きた集団感染の一部だったんだよ。症状はなかったし、陽性だとわかったのは週に2回検査を受けていたからだ。鼻に綿棒を突っ込まれてな。

彼は、自分はQアノンではないし、プラウドボーイズと連携しているわけでもないし、陰謀論者でもないと語っています。時期が時期だっただけに、共和党支持者としての意見が強く出てしまった、ということなのでしょうか。

NXTのロゴが入ったシャツを着て郡公立学校の教育委員会の会議に参加したワーツが、コロナ対策として子どもたちのマスク着用を義務付けた委員会の判断について、人身売買や性犯罪などを犯す極悪人が子どもたちをターゲットにしやすくなったという理由で批判した……という件もありました。もはや政治信条や信仰の問題ではなくなっていた感もありますし、一概にキャンセル・カルチャーの影響とも言えないのではないか、とも思います。

(Fightful)

あわせて読みたい

【WWE】ブッカーT「アリスター・ブラックとバディ・マーフィーは間違いなく新日本プロレス向き」
先日、WWEは6人の選手を解雇しました。人員削減に力を入れていること、そしてライバル団体AEWを意識して必要以上に選手たちを囲い込むことに効果を感じられなくなったことが原因だろう、と推測されています。 解雇された6人の中でも、...
【WWE】解雇されたアリスター・ブラックがポール・ヘイマンに謝辞を述べる。「いつも支えてくれた」
NXTの中心選手として活躍していたアリスター・ブラックは、2019年にRAWの一員としてメインロースターデビューを果たしました。 当時のRAWはポール・ヘイマンがエグゼクティブ・ディレクターを務めていました。リコシェやブラック...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました