スポンサーリンク

【WWE】解雇されたアリスター・ブラックがポール・ヘイマンに謝辞を述べる。「いつも支えてくれた」

ニュース

NXTの中心選手として活躍していたアリスター・ブラックは、2019年にRAWの一員としてメインロースターデビューを果たしました。

当時のRAWはポール・ヘイマンがエグゼクティブ・ディレクターを務めていました。リコシェやブラック、アンドラーデといった「若者ウケする選手たち」を積極的にプッシュしていたヘイマンは、ブラックを「メインイベンターレベルの逸材」だと高く評価していたのです。

【WWE】アリスター・ブラックが語るRAWエグゼクティブ・ディレクター、ポール・ヘイマン
ここ最近のWWEは、これまでアンダーカードでの出番が多かったスーパースターたちに多くの時間が与えられているとみなされています。アポロ・クルーズはその1人です。 彼らに活躍の場を得ているのは、RAWのエグゼクティブ・ディ...

しかし、2020年6月にヘイマンが役職から解任されると、WWEのクリエイティブチームはブラックの起用法に悩むようになり、次第に出番が減っていきました。この頃から、ブラックは団体内での扱いに不満を持つようになり、NXTへの復帰を希望するに至りました。

【WWE】アリスター・ブラックがNXTへの復帰を希望していたことが明らかに
今日、女性レスラーのゼリーナ・ベガがWWEから解雇されました。ユニオンの結成に興味を持っていたこと、団体によるTwitchアカウント管理に不満だったこと、アダルトSNSでコスプレ写真を販売していたのが明らかになったこと。これらがその原因とし...

復帰は叶わず、メインロースターとしての再起をかける直前で解雇されてしまったブラック。Twitterで、彼はヘイマンへの感謝の言葉を述べました。

忘れないうちに言っとく。ポール・ヘイマンは俺のことをいつも支えてくれた。今日に至るまで、俺にとってはメンターのような存在だ。昇格したその日から、彼は俺の味方だった。

今、かつてヘイマンがプッシュしていた選手たちの多くは苦難に直面しています。ヘイマンはどう思っているのでしょうか……。

あわせて読みたい

【WWE】解雇されたサンタナ・ギャレット、今週にも正式にメインロースターデビューする計画があったと報じられる
今年3度目の大量解雇が起きた今日、Dirt Sheetはその裏側を次々に報じています。 興味深いのは、多くの報道で「現場どころか、クリエイティブチームすら選手たちの解雇を知らされていなかった」とされてい...
【WWE】今回の大量解雇、バックステージでの衝撃が一番大きかったのはルビー・ライオットだったと報じられる
今日、WWEは6人の所属選手を解雇されました。ファンにとってもっとも驚きだったのはブラウン・ストローマンでしたが、バックステージでは彼ではなかったようです。 Fightfulによれば、解雇の衝撃が一番大きかったのはルビ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました