スポンサーリンク

【AEW】トニー・カーン社長が語る「他団体との提携拡大」「ドン・キャリスとAEW」

インタビュー

現在、AEWは新日本プロレス & インパクト・レスリング & AAAと定形しており、NWAとの関係も良好です。多くの団体とコネクションを持ち、選手の行き来が行われることは、プロレス界全体にとっていい影響を与えているように見えます。

社長のトニー・カーンは、今後も提携を拡大していくことに乗り気です。

もっとクロスオーバーをやっていくことにはオープンな姿勢を取ってるんだ。AEWから他団体へ出向いた例では、ケニー・オメガ以外だとマット・ハーディーとプライベート・パーティがインパクトに行ったよね。うまくいったと思う。みんな気に入ってたよ。俺のアイデアなんだけど、本当に良かった。他団体との提携は楽しいよ。プライベート・パーティのキャラクターを強化することにもなったし、彼らはカジノ・バトル・ロイヤルでもしっかり活躍できた。ビッグマッチでの経験も積むことができているし、これからもチャンスは続くだろう。2人には大きなプランもある。マット・ハーディとの共闘はとても意味があるよね。

コラボレーションについては前向きだ。男性だろうが女性だろうが、誰だろうが問題ない。ただ、今のところは、そのほとんどはケニーのタイトルコレクションのためのものだけどね。AEWと他団体の関係は広まってるよ。もちろん、ケニーはインパクト世界王座とAAAメガ王座のチャンピオンで、ジョン・モクスリーは新日本のIWGP USヘビー級王座を持ってる。NWA世界女子王座のタイトルホルダーは我々のセリーナ・ディーブで、ルチャ・ブラザーズはAAAでタッグ王座のチャンピオンだ。

他団体との関係で言えば、インパクトの副社長を退任したドン・キャリスはどうなっているのでしょうか。報道では、今後AEWでフルタイムの仕事をするという話もありましたが……。

彼はケニーのセグメントに関わってる。ここにいるのはそのためだよ。毎週Dynamiteの収録に来ていた時期もあったね。理にかなってるよ。AEWはテレビ番組をやっていて、毎週生放送を行うスタイルに戻るんだ。まあ、様子を見てみようよ。

ケニーはいろんなタイトルを持ってる。彼がどこのリングに上がろうが、キャリスは一緒についていくだろう。ケニーは今後もAEWにいるだろうから、みんながどう思おうが、ドンもAEWにずっといることになるよ。

バックステージでの仕事を任されることになるかどうかはわかりませんが、これかれもAEWの番組に出演することになりそうですね。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【WWE】ブッカーT「アリスター・ブラックとバディ・マーフィーは間違いなく新日本プロレス向き」
先日、WWEは6人の選手を解雇しました。人員削減に力を入れていること、そしてライバル団体AEWを意識して必要以上に選手たちを囲い込むことに効果を感じられなくなったことが原因だろう、と推測されています。 解雇された6人の中でも、...
【WWE】言動が論争の的になっていたドレイク・ヤンガーが解雇の裏側を語る。「パフォーマンスのせいじゃない」
2021年5月にWWEから解雇されたレフェリー、ドレイク・ワーツ(ドレイク・ヤンガー)。彼のQアノン的・オルタナ右翼的な言動は論争の的になることが多く、現場では「人種差別主義者」だという認識が広まっていたそうです。 "...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました