スポンサーリンク

【WWE】6週間で解雇された実況アナウンサー、アドナン・ヴァーク。ジム・ロスが指摘する「WWE側の失態」とは?

ニュース

先日、WWEは人員削減のために多くのスタッフを解雇しました。その中には、2021年4月からRAWの実況アナウンサーに就任したアドナン・ヴァークも含まれていました。

あまりにも早い解雇。彼の代役となったジミー・スミスの仕事ぶりは団体内でも好評ですが、ヴァークはなぜうまくいかなかったのでしょうか?

かつてWWEで名物実況アナウンサーとして活躍したジム・ロスは、WWE側の失態だと主張しています。

アドナンは、プロレスに関する知識を整え、番組でアナウンサーを担当する準備が整う前にデビューさせられてしまったんだよ。プロレスは非常にユニークなジャンルのエンターテインメントだ。今日のプロレスファンはSNSなんかで「プロレス」の知識をよく身に着けているから、何が良くて何がダメなのかをとても良く理解している。アドナンは信頼できるブロードキャスターなんだが、WWEは判断を急ぎすぎたんだよ。プロレスのアナウンサーとして活動するには、用語、言語、文化を理解する必要がある。そこが足りていなかったんだ。

(ビンス・マクマホンの哲学について)ビンスは自分の意志を確実に押し通す。だから、今回の件はシンプルにビンスのミスなんだよ。アナウンサーとして起用する前に、他の役割でプロレスに慣れさせ、実力を身に着けさせるべきだったんだ。その環境はあるんだからさ。

ヴァークはESPNやMLB Networkでのキャリアを積み重ねてきたブロードキャスターで、プロレスは未知の領域でした。スミスは事前の準備を入念に行っていたと報じられていましたが、ヴァークの場合はそうではなかったのかもしれません。

(参考: Fightful)

あわせて読みたい

リオ・ラッシュが引退を発表。「怪我が治ったら新日本に出る。それが最後」
先日開催されたAEWのPPV「Double or Nothing」にサプライズ登場したリオ・ラッシュ。彼の実力は誰もが知るところです。今後は様々な団体で活動していくのかと思いきや……。 今日、彼はInstagramで引退を発表...
カール・アンダーソンが「WWEからリリースされた後で"Thank You"というメッセージを発信する選手たち」に物申す
2020年4月、WWEは大規模なリストラを敢行しました。ルセフやカート・アングルたちと一緒に、カール・アンダーソン & ルーク・ギャローズも解雇に。その後、2人はインパクト・レスリングと契約し、現在はAEWにも出演しています。 ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました