スポンサーリンク

【Impact】WWEがムースの獲得に興味を示していたことが明らかに。AJスタイルズと同じ特別条件での獲得を目指していた?

ニュース

2021年にインパクト・レスリン契約が切れる予定だったムース。春以降にインパクトと2年契約での残留に合意したとされており、「Against All Odds」ではケニー・オメガの持つインパクト世界王座に挑戦しました。

元NFL選手である彼は、2012年にレスラーとしてのトレーニングを開始し、2014年にROHと契約しました。2016年に退団した際はWWEとの契約も噂されましたが、結局はインパクトに移籍しました。

Fightfulによれば、今回もWWEが彼の獲得に興味を示していたそうです。しかし、正式な交渉が始まる前にインパクトが好条件のオファーを出したことがインパクト残留に繋がりました。

レポートによれば、WWEはムースをいきなりメインロースターとしてデビューさせたいと考えていたそうです。現在のWWEでは新入団選手がメインロースターとしてデビューするのは異例のことで、AJスタイルズは特例としてそれが許されました。

WWEの傾向からして、元NFL選手というムースの経歴を気に入っていたのかもしれませんね。

(Fightful)

あわせて読みたい

【WWE】ザ・ロックが語る「キャリアにおける最大の後悔」
WWEで大きな成功を収めた後に俳優に転身し、こちらでも大金を稼いでいるザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン)。エンターテイメント業界の中でも屈指のエンターテイナーとなった今、レスラー人生における最大の後悔を明かしました。 きっか...
【AEW】満身創痍のケニー・オメガ、コンディションが劇的に改善したと報じられる。その理由とは
先月、ベルトコレクターのケニー・オメガのコンディションがかなり悪い状態であることが報じられました。身体のあちこちに怪我があり、体調を崩すこともあったとか。 レスリング・オブザーバーは、ケニーのコンディションの最新情報を...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました