スポンサーリンク

#SpeakingOut ムーブメントに関連するマット・リドルらを相手取った訴訟が取り下げられる

ニュース

2020年のプロレス界に大きな影響を与えたのは新型コロナウイルスのパンデミックだけではありませんでした。主にイギリスの男性プロレスラーたちの悪行をTwitterで告発するSpeakingOutムーブメントは、告発の対象となったレスラーたちのキャリアを一変させたのです。

マーティ・スカルがROHを退団。#SpeakingOut ムーブメントから復帰できず
今日、ROHはマーティ・スカルが退団したことを発表しました。 pic.twitter.com/0PdT5TcgHR — ROH Wrestling (@ringofhonor) January 4, 2021 20...
性的暴行を告発されたジョーイ・ライアンがインパクト・レスリングから解雇される。マイケル・エルガンは停職処分に
複数の女性から性的暴行を告発されたインディシーンの大物レスラー、ジョーイ・ライアンが解雇されてしまいました。 所属団体であるインパクト・レスリングからの発表によれば、ライアンの他にもデイブ・クリストも解雇。女性に対して偽名で性...
【AEW】ブランディ・ローデスが語る #SpeakingOut ムーブメント。「みんなにとって学ぶところが多い」
2020年6月にTwitterで話題になったハッシュタグ"#SpeakingOut"。多くのプロレスラーの過去の問題行為が告発され、キャリアに影響が及ぶレスラーも現れました。 海外プロレス界に大きな影響...

WWEで活動するマット・リドルも告発の対象になりました。かつて不倫関係にあった女性プロレスラー(キャンディ・カートライト)が「リドルから性的暴行を受けた」と告発し、最終的には彼やWWE、EVOLVE、ゲイブ・サポルスキー(EVOLVE共同設立者)を相手に数百万ドルの損害賠償を求める訴訟を起こすに至ったのです。WWEとEVOLVEが対象に含まれているのは、リドルに対して性的行為をすることを拒んだことがきっかけで両団体からのブッキングがキャンセルされたとカートライトが主張していたことによります。

リドルはカートライトとの不倫を認めたものの、性的暴行を否定したほか、「彼女からストーキング被害を受けている」と発言するなど、お互いの主張は平行線でした。

しかし、報道によれば、カートライトは現地時間7月12日に訴訟を取り下げたそうです。その原因や両者の和解があったのかは不明とのこと。彼女の弁護士は「当事者はこの事件を過去のものとし、未来に焦点を当てています」とコメントしています。

訴訟の取り下げが告発内容を完全に否定することにはなりませんが、リドルにとっては悩みの種を1つ解消する結果となりました。真実はどこにあったのでしょうか。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

ROHのバックステージでクリス・ヒーロー(カシアス・オーノ)の姿が目撃される
2020年にWWEから解雇されたカシアス・オーノ。インディシーンでは「クリス・ヒーロー」のリングネームで知られている彼は、退団後にまだ1試合もしていません。 そんな彼の姿が、なんとROHで目撃されました。Post Wrestl...
マラカイ・ブラック(アリスター・ブラック)がWWEの競業回避義務を批判。「3ヶ月もいるか?」
WWEから契約途中で解雇された選手たちには一定期間の競業回避義務が課せられ、他団体と契約することはできません。メインロースターは90日間、NXT所属選手は30日間。その間、WWEから給与が支払われるものの、選手として試合ができないのというデ...
タイトルとURLをコピーしました