スポンサーリンク

【AEW】ブランディ・ローデスが語る #SpeakingOut ムーブメント。「みんなにとって学ぶところが多い」

ニュース

2020年6月にTwitterで話題になったハッシュタグ”#SpeakingOut”。多くのプロレスラーの過去の問題行為が告発され、キャリアに影響が及ぶレスラーも現れました。

ジョーイ・ライアンがインパクト・レスリングを相手取り1000万ドルの訴訟を起こす
PWInsiderは、元インパクト・レスリングのジョーイ・ライアンがインパクトの親会社Anthem Wrestling LLCを相手に1000万ドルの訴訟を起こしたことを報じました。 ライアンは2019年1月にインパクトと2年...
【WWE】マット・リドルが#SpeakingOut告発者から訴訟を起こされた問題。 NXTから被害女性へのブッキング・キャンセル・メールが公開される
2020年6月にTwitterで盛り上がりを見せたハッシュタグ#SpeakingOutでは、多くのプロレスラーが過去の問題行為を告発されました。キャリアに大きな影響が及んだレスラーもいる中で、マット・リドルと告発者の問題は法定で争われること...
番組収録再開のROH。しかし、そこにマーティ・スカルの姿がなかったことが明らかに。一体何が起きているのか?
新型コロナウイルスのパンデミックが起きて以来団体としての活動を休止してきたROHは、8月下旬から番組収録を再開しました。しかし、Wrestling Incによれば、ROHの番組収録にトップスターのマーティ・スカルが参加していなかったそうです...

海外プロレス界に大きな影響を与えたこのムーブメントについて、AEWのチーフ・ブランド・オフィサーを務めるブランディ・ローデスは次のように語っています。

非常に深刻なムーブメントだと思います。みんなが今注目していますよね。注目してほしいもの、詳細を知りたがっているものです。

みんなにとって学ぶところが多いと思いますよ。物事は素敵で、バラ色で、輝いていて、問題なんて起こらない。みんなそう思っているじゃないですか。でも、(告発された)彼らは過ちを犯したんです。多くの場合、良くないことについて考えようとする人は少ないですよね。特に、それが自分に影響のないものであればなおさらです。そうしたことについて考えることにより、居心地の良さを放棄することになるわけですから。

そのような状況に置かれたとき、誰かがそうした状況について発言しなければ同じ目にあう人がいるかもしれないと考え、自分自身のためだけではなく、そうした人々のためにも発言する。そのための力を感じ続けてほしい。そう願っています。

プロレス界が良くなることを願います。

(参考:eWrestlingNews)

あわせて読みたい

新番組『有田プロレスインターナショナル』配信決定!『有田と週刊プロレスと』の兄弟番組
Amazonプライムビデオで2019年までに計4シーズンが配信されていた『有田と週刊プロレスと』。くりぃむしちゅー・有田哲平のプロレス知識と話術が炸裂した素晴らしいシリーズでしたが、4シリーズ、エピソード100をもってシリーズは終了してしま...
【WWE】アンダーテイカーが"Survivor Series"に登場するかも?
2020年5月にWWEと15年契約を結んだと報じられたアンダーテイカー。 ゲーム”WWE 2K Battlegrounds”のCMで家族とゲームを楽しむ姿が公開されるなど、何かと話題になるレジェンド中のレジェンドですが...
タイトルとURLをコピーしました