スポンサーリンク

【WWE】新作映画への参加が発表されたジョン・シナ、8月の撮影開始はリング復帰に影響しないと報じられる

ニュース

俳優としての活動に力を入れているジョン・シナ。先日、2022年に公開されるスパイ・アクション映画『Argylle』にシナも出演することが発表されました。ヘンリー・カヴィル、サム・ロックウェル、ブライス・ダラス・ハワード、サミュエル・L・ジャクソンらが参加する本作の撮影は2021年8月にヨーロッパで開始されるそうです。

8月…。シナは8月のPPV「SummerSlam」で復帰し、ローマン・レインズと対戦するのではないかと噂されています。撮影の開始により、計画が実行されない可能性もありそうなスケジュールですよね。

しかし、レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、撮影開始が復帰の障害になるとは考えられないとのこと。現在は映像作品の撮影参加から開放されている状態なので、WWEと計画を詰めている最中かもしれません。

Fightfulによれば、シナはSummerSlamでレインズと対戦する前に現地時間7月23日放送のSmackDownに登場する計画があるそうです。

(Wrestling Observer, Fightful)

あわせて読みたい

#SpeakingOut ムーブメントに関連するマット・リドルらを相手取った訴訟が取り下げられる
2020年のプロレス界に大きな影響を与えたのは新型コロナウイルスのパンデミックだけではありませんでした。主にイギリスの男性プロレスラーたちの悪行をTwitterで告発するSpeakingOutムーブメントは、告発の対象となったレスラーたちの...
マラカイ・ブラック(アリスター・ブラック)がWWEの競業回避義務を批判。「3ヶ月もいるか?」
WWEから契約途中で解雇された選手たちには一定期間の競業回避義務が課せられ、他団体と契約することはできません。メインロースターは90日間、NXT所属選手は30日間。その間、WWEから給与が支払われるものの、選手として試合ができないのというデ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました