スポンサーリンク

ババ・レイ・ダッドリーが考えるWWEの視聴率低下 / AEWがイギリスでもPPV開催へ

ニュースをまとめて紹介。

ババ・レイ・ダッドリーが考えるWWEの視聴率低下

「WWEの視聴率が低下している」というトピックスは定期的に話題に上がる気がします。最近導入され、ファンから大不評のワイルドカード・ルールは、視聴率低下に対する放送局からの圧力が原因で導入されたルールだとされています。

WWEが「ワイルドカード・ルール」を導入した理由はテレビ局側からの圧力か | D-Generation X
WWEが新たな制度を導入した理由とは…。 『レスリング・オブザーバー』のデイブ・メルツァーが自身の …

視聴率が上がらないWWE。現在はROHでプロデューサーを務めるWWE殿堂入りレスラー、ブリー・レイ(ババ・レイ・ダッドリー)が、その理由を考察しています。いわく、スター不足が大きな要因だ、とのこと。

その理由は、WWEがスターに関するハードルを高く設定しているからだよ。ザ・ロック、スティーブ・オースチン、アンダーテイカー、HHH、クリス・ジェリコ、ブロック・レスナー、ジョン・シナ。彼らはメガスターだ。こういった存在が常にWWEを牽引してきたんだよ。今のWWEには彼らのようなメガスターがいない。スターはいるよ。でもメガスターじゃない。今後にも影響が出るだろうな。

ローマン・レインズ、セス・ロリンズ以外にもメガスター候補が出てきてほしいですね。

(参考: Lordsofpain.net

AEWがイギリスでもPPV開催へ

5月25日に旗揚げ興行”Double or Nothing”を開催するAEW。同団体の副社長を務めるCodyが、Being The Eliteの最新話でイギリスでのPPV開催を予定していることを明かしました。

かねてから同団体がイギリスでもPPVを開催するという話はあり、レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーはイギリス進出の理由を市場開拓だとしています。WWEも苦戦するイギリスで結果を残すことはできるのでしょうか?

“Upfront” – Being The Elite Ep. 152

あわせて読みたい

ジャイアント・バーナードが我闘雲舞でスカウティング? / TJPはAEWの旗揚げ興行にサプライズ出場するのか?
ニュースをまとめて紹介。 ジャイアント・バーナードが我闘雲舞でスカウティング? 女子プロレス専門のニュースサイト"Squared Circle Sirens"が、WWEのスカウティングについて報じています。 NXTのヘッド...
AEWのレイティングがTV-14になるかも。PG(全年齢向け)のWWEとの違いがここにも
かつてのWWEは放送内容が過激でした。しかし、TVPG(親の指導が勧められる番組であることを示すレイティング)を導入したことによって軌道修正を行い、現在のスタイルに至っています。 WWEは全年齢向け。AEWは……?  90年代にお下...
AEW社長が語るAEWの魅力。WWEとの違いは「スポーツライク」にある
5月25日に旗揚げ興行"Double or Nothing"を開催するAEW。社長のトニー・カーンがインタビューに応じ、AEWの魅力、WWEの違いについて言及しました。 スポーツ、アスリート カーンは、「スポーツ」「アスリート」...
タイトルとURLをコピーしました