スポンサーリンク

【WWE】ジェフ・ハーディーが「キャリアの終焉」「ビンス・マクマホンとの関係」を語る

インタビュー

44歳になった今も元気に活動を続けているジェフ・ハーディー。

彼は2020年9月にWWEとの再契約に合意しました。契約期間は2〜3年とされているため、少なくとも後1年はWWEで活動することになります。

もうすぐアラフィフに突入する彼は、今後のキャリアについてどう考えているのでしょうか。Podcast番組「Felger & Massaroti」にゲスト出演した彼は、次のように語っています。

一番の目標は、引退する前に一度でいいからユニバーサル王座のチャンピオンになることなんだ。いつまで現役を続けるかは具体的に決めてない。日々の生活を大事にしているんだ。

俺はみんなを楽しませたいと思っているから、WWEの番組がThunderDomeでの無観客収録からライブ収録に戻って本当に興奮しているよ。俺にはやりたいことがまだまだあるし、16歳の頃に持っていたプロレスへの情熱を今も持ち続けられているのはありがたいことだ。プロレスは無限の可能性を秘めているジャンルだし、どこまでも高く飛びたいね。

いつまでやれるかはわからない。「この試合が最後になるかもしれない」といつも思いながらリングに上がっているんだ。プロレスには些細なことが命取りになりかねない危険性もあるし、俺は毎週毎週、一試合一試合に集中してるよ。

また、WWEの最高責任者ビンス・マクマホンとの関係性について質問された彼は、こう答えました。

WWEスーパースターになるチャンスをくれたことにはとても感謝しているし、どの番組に出る時も「ありがたいな」と思ってる。自分が何をやっているかというよりも、今もWWEの一員でいられることに幸せを感じているんだ。俺たちの関係はビジネス的なもので、俺は彼とWWEのためにベストを尽くしたい。それで十分だ。

Fightful

あわせて読みたい

【WWE】ダニエル・ブライアンは「残留のオプション」として新日本プロレス G1 CLIMAXへの出場を許可されていたと報じられる
2021年4月にダニエル・ブライアンがWWEとの契約を満了した後、WWEは新日本プロレスと交渉し、ブライアンの新日本参戦について議論していたと報じられています。 ブライアンはWWE在籍時から他団体参戦を希望していました...
【WWE】サミ・ゼインとの契約が年内に満了すると報じられる
先日、WWEとケビン・オーエンズの契約が2022年1月末で満了することが報じられました。団体内では「彼は退団するだろう」という認識が広まっているとされています。プロレス界にケビン・スティーンが帰ってくる可能性は高いようです。彼のTwitte...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました