スポンサーリンク

【WWE】サミ・ゼインとの契約が年内に満了すると報じられる

ニュース

先日、WWEとケビン・オーエンズの契約が2022年1月末で満了することが報じられました。団体内では「彼は退団するだろう」という認識が広まっているとされています。プロレス界にケビン・スティーンが帰ってくる可能性は高いようです。彼のTwitterでの不審な行動からして、退団後の移籍先はAEWが最有力候補だと目されています。

【WWE】2022年1月に契約が切れるケビン・オーエンズ。団体内では「退団するだろう」という見方が強いと報じられる
WWEの人気者ケビン・オーエンズとWWEの契約は2023年までの予定でした。しかし、新型コロナウイルスのパンデミックが起きた影響でWWEは彼の契約を見直し、期間が1年短縮されていたそうです。その理由はわかっていませんが、彼は2022年1月で...

オーエンズの盟友といえばサミ・ゼイン。2人はインディシーンで活躍していた頃からしのぎを削り合ってきた仲です。オーエンズは2014年に、ゼインは2013年にWWEへ入団しました。インディ時代に「エル・ジェネリコ」のリングネームで活躍していたゼインはDDTに参戦していた時期があり、2012年にはKO-D無差別級王座を戴冠しました。彼が王者の座から引きずり下ろした相手は飯伏幸太、彼からタイトルを奪い取ったのはケニー・オメガでした。

レスリング・オブザーバーによれば、WWEとゼインの契約は2021年末で満了するそうです。正確な時期は不明ですが、オーエンズとゼインがほぼ同じタイミングでフリーエージェントになる可能性があるというのは刺激的ですね…。契約を満了すれば競業回避義務は課せられませんから、退団後すぐに他団体での活動を開始することができます。

AEWにケビン・スティーンとエル・ジェネリコが加わるようなことがあれば……CMパンクやブライアン・ダニエルソンに匹敵するとまでは言わないまでも、マラカイ・ブラック(アリスター・ブラック)やアンドラーデ、アダム・コールの入団を超える事件になるでしょう。オーエンズとゼインはWWEのメインロースターとして活躍してきた人気者ですからね。

ゼインが契約についてどう考えているのかは不明です。

(Wrestling Observer, WrestlingNews.co)

あわせて読みたい

【WWE】ダニエル・ブライアンは「残留のオプション」として新日本プロレス G1 CLIMAXへの出場を許可されていたと報じられる
2021年4月にダニエル・ブライアンがWWEとの契約を満了した後、WWEは新日本プロレスと交渉し、ブライアンの新日本参戦について議論していたと報じられています。 ブライアンはWWE在籍時から他団体参戦を希望していました...
【AEW】ALL OUTのPPV購入件数が20万件を突破。WWE以外の団体ではWCW以来の数字
現地時間9月5日開催のPPV「ALL OUT」は開催前から世界のプロレスファンの間で話題になっていました。CMパンクの復帰戦やヤング・バックスとルチャ・ブラザーズによるAEW世界タッグ王座を争うスチールケージマッチ、ケニー・オメガとクリスチ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました