スポンサーリンク

【WWE】NXT再始動。初回放送のバックステージを仕切ったのはWWE上層部のケビン・ダンだったと報じられる

ニュース

NXTのエグゼクティブ・プロデューサーを務めるHHHはブランドを引っ張るリーダーです。しかし、彼は2週間前に心臓の手術を受け、現在は休養中です。

そんな中で現地時間9月14日に放送されたNXTはブランド再始動の狼煙を上げる内容でした。イメージが一新され、よりポップな番組に変わるようです。

バックステージにHHHはいませんでした。仕方ないことではありますが、ブランドの再構築は彼が中心となって進められてきたそうなので、かわいそうですね。

PWInsiderによれば、彼の代わりに番組を仕切ったのはWWE上層部のケビン・ダン(WWEエグゼクティブ・プロデューサー)でした。彼はビンス・マクマホンとともに再始動するNXTの全体像を監督しているとされている人物なので、人選としては納得ですね。これまでRAWやSmackDownに携わってきた人物がNXTに影響力を持つことは予想されていたことでした。

これは番組放送前にPWInsiderが報じていた内容ですが、NXT所属選手の一部は、NXTが今後どのようなプロダクトになるのかとても不安なのだそうです。HHHが復帰した後、NXTのバックステージがどうなるのか……。WWE上層部は再始動後のNXTにも深く関与しないとされているものの、いつ判断が変わってもおかしくありません。

ちなみに、ダンは団体内の決定に強い影響力を持つグループの一員とのこと。他のメンバーは、ビンス、ニック・カーン(社長)、ジョニー・エース(タレント・リレーション部門責任者)、ブルース・プリチャード(RAWとSmackDownのエグゼクティブ・ディレクター)です。

PWInsider

あわせて読みたい

【WWE】NXT王座を返上したサモア・ジョー。なぜ返上したのか、いつ帰ってくるのか
現地時間9月14日に放送されたNXT2.0では、サモア・ジョーが返上したNXT王座をめぐるFatal 4-Wayマッチが行われました。試合に勝利したのはトマソ・チャンパ。新装開店し、新時代を迎えるNXTの「初代チャンピオン」です。 ...
【WWE】ニック・カーン社長とHHHが「東京オリンピック金メダリスト、ゲイブル・スティーブソンの入団」にコメント。「彼の未来は明るい」
先日、WWEは東京オリンピックのレスリング男子フリースタイル125キロ級で金メダルを獲得したガブレダン・スティーブソン(21)と契約したことを正式に発表しました。 アマレスの実績も知名度も十分。しかも若い!体格がすごい...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました