スポンサーリンク

【AEW】ブリー・ベラが夫ブライアン・ダニエルソンの移籍を語る。「私がWWEにいるからって…」

インタビュー

2014年に婚約したブライアン・ダニエルソンとブリー・ベラ。2人の子どもを育てる夫婦は、それぞれ別の団体にいます。

ブライアンは2021年9月にAEWへ入団。デビューマッチでケニー・オメガとの素晴らしい試合を見せてくれました。一方、ブリーは2020年にWWE殿堂入りを果たしています。現在はリングから離れた生活をしていますが、復帰するならWWEでしょう。こうした背景があったり、WWEの最高責任者ビンス・マクマホンとも良好な関係を築いたりしていたブライアンにとって、WWEから去るのは大変な決断だったそうです。

AEW入団のブライアン・ダニエルソンが今後の野望を語る。「ビンスは過保護だった。もう少しワイルドに生きたい」
AEWと契約し、PPV「ALL OUT」でサプライズ登場したブライアン・ダニエルソン。「ダニエル・ブライアン」のリングネームでWWEのビッグスターになった彼がWWE退団を決めた理由はなんだったのでしょうか? イベント終...

Youtube番組「Sippin’ the Tea」にゲスト出演したブリーは、ブライアンの決断に影響を与えたくなかったと語りました。

(2021年4月にWWEとの契約を満了した)彼は夏休みを取っていたんだけど、ずっと考えこんでいて、どの選択をするか本当に悩んでた。正直、彼自身もどうなるかわからなかったと思う。でも、ある日、自分の心がどうしたがっているのかに気づいたんだ。

私の方は、「あなたの決断の理由になりたくない。あなたはもう40歳だし、これがラストランでしょう。自分の心がやりたがっているようにしなきゃ」と思ってた。「私がWWEにいるからって、あなたまでWWEにいなきゃいけないわけじゃない」って。私が現役復帰するかなんてわからないしね。正直、ニコル(ニッキー・ベラ)には「1年後くらいかな」って言ってたんだけど、今の生活は会社のことや子どもたちのことでとても忙しくて。(長女の)バーディーを学校に連れて行かないといけないし。これだけでも大変。

自分自身の心に従ってほしい、それを大事にしてほしい……。とてもいいですね。

(Fightful)

あわせて読みたい

ブロンソン・リード(ジョナ・ロック)がWWEからの解雇を振り返る。「まさかだった。メインロースター昇格の連絡だと思った」
2021年8月にWWEから解雇されたブロンソン・リード(ジョナ・ロック)。短期間ではありましたが、5月から一ヶ月間NXT北米王座を保持していて、NXTでの扱いが特別悪いわけでもなかった彼が解雇されたことは大きな話題になりました。 ...
【AEW】CMパンクが語る「"Cult of Personality"を入場曲に選んだ理由」
入場曲はスポーツの華。曲と強い結びつきを持つ選手はたくさんいます。90〜2000年代にかけてMLBサンディエゴ・パドレスでクローザーとして活躍し、殿堂入りも果たしたトレバー・ホフマンの場合は、登板する時はAC/DCの"Hells Bells...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました