スポンサーリンク

ブラウン・ストローマンがWWEからの解雇を振り返る。「それ以上のことをするために生まれてきたんだと気づいた」

ニュース

2021年6月にWWEから解雇されたブラウン・ストローマン。団体の顔とも言える存在でしたが、団体内「選手としてのピークは過ぎた、年俸が高すぎる」と見なされていたそうです。

先日、彼はEC3のプロモーション「Free The Narrative」で退団後初の試合に挑みました。Youtubeチャンネルで公開されたインタビューの中で、彼はWWEからの解雇を振り返っています。

すべての出来事には理由があるんだ。恨みはないよ。WWEではいろんな事があって、浮き沈みも経験したし、大変な時も、良い時も悪い時もあった。でも楽しかったんだ。本当に楽しんだ。WWEとビンス・マクマホンにはとても感謝しているよ。考えたこともなかったようなチャンスを与えてくれた。

WWEでの活動がなければ、世界中を旅することは絶対になかっただろうし、いろんな経験をしたり、いろんな人に出会ったり、親しくなることもなかっただろうしね。WWEでの活動を通して得られたこういう特別な経験には本当にありがたいと思ってるんだ。

俺は強制退場させられた。WWEのためにブーツを脱ぐ時が来たら、もう他の団体でもプロレスをすることはないだろうと思ってたんだよね。ブーツは脱がなかった。でも、復帰して仕事をするチャンスもなかった。正直に言うと、かなり悪い方向に進んでしまったよ。

ライフワークが指先から滑り落ちていくのを目の当たりにして、しかもそれを受け入れなければならないなんて、本当に辛くて嫌なことだよ。俺なんか、「WWEスーパースターになるために神からこの世界に送り出されたんだ」と感じていたし。しばらくはそうだった時期もあったんだけどさ。でも、自分がどん底に落ちた時、それ以上のことをするために生まれてきたんだと気づいたんだ。俺はみんなを奮い立たせるために生まれてきたんだ、と。

プロレスラーとしての知名度は抜群ですから、なんとか再びスポットライトを浴びてほしいですね。

MLWがブラウン・ストローマン & ボー・ダラスとの契約を試みるも実現しなかったことが明らかに
2020年以降、WWEから多くのレスラーが退団しています。その多くは他団体からのオファーを受けていますが、実際に契約や参戦に至るかどうかはわかりません。 MLWのCEOを務めるコート・バウアーは、2021年にWWEから解雇され...

(参考: WrestleZone

あわせて読みたい

【AEW】クリス・ジェリコがDynamiteニューヨーク大会「Grand Slam」を絶賛。「トニー・カーンは天才だ」
現地9月22日、AEWは世界最大のテニス専用競技場として知られるアーサー・アッシュ・スタジアムからDynamiteニューヨーク大会「Grand Slam」を放送しました。 ケニー・オメガとブライアン・ダニエルソンのドリームマッ...
アレックス・シェリーが語る「大手団体と契約したいかどうか」
日本のファンにもおなじみのアメリカ人プロレスラー、アレックス・シェリー。初来日は2005年3月。ZERO1-MAXで田中将斗とタッグを組み、ディック東郷 & サンジェイ・ダット組と対戦しました。2009年からは新日本プロレスに参戦。...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました