スポンサーリンク

アレックス・シェリーが語る「大手団体と契約したいかどうか」

ニュース

日本のファンにもおなじみのアメリカ人プロレスラー、アレックス・シェリー。初来日は2005年3月。ZERO1-MAXで田中将斗とタッグを組み、ディック東郷 & サンジェイ・ダット組と対戦しました。2009年からは新日本プロレスに参戦。クリス・セイビンとのタッグチーム「モーターシティ・マシンガンズ」や、KUSHIDAとのタッグチーム「TIME SPLITTERS」で活躍しました。

【WWE】アレックス・シェリーがKUSHIDAとのTIME SPLITTERS再結成を振り返る。「心から愛していた」
2020年1月、アレックス・シェリーはWWE・NXTに参戦し、新日本プロレス時代にKUSHIDAと組んでいたタッグチーム「TIME SPLITTERS」を復活させました。 テレビ番組での試合はたったの1試合だけでしたが、久々に...

現在、彼はフリーランスのレスラーとして活躍しています。経験豊富な38歳をロースターに加えたいと考えている団体はゼロではないでしょう。理学療法の臨床医としてのキャリアもあるため、プロレスだけを考えた生活をする気はないのかもしれませんが、大手団体との契約について、彼はどう考えているのでしょうか?Sports Illstratedのインタビューの中で、彼は次のように語っています。

今はインディペンデントが俺の居場所だよ。ただ、大手団体に戻らないわけじゃない。AEWは素晴らしいし、WWE/NXTでは素晴らしい経験ができた。インパクトもすごいことをやっているし、ROHもそうだよね。新日本プロレスのこともとても懐かしい。でも、今はインディペンデントシーンに根を張った活動をとても楽しんでるよ。

フルタイムじゃなくてもいいので、何らかの形でスポットライトを浴びてほしいです。

SI

あわせて読みたい

【AEW】ハングマン・ペイジにラダーからリングへ叩きつけられたPAC、1ヶ月半前に脳震盪を起こしていた?
現地10月6日放送のDynamiteで行われたカジノ・ラダー・マッチ。試合に勝利したハングマン・ペイジはケニー・オメガの持つAEW世界王座への挑戦権を獲得しました。 7人のレスラーが参加したこの試合、ペイジは一番最後に登場し、...
【WWE】ローマン・レインズとブロック・レスナーの抗争は「やむを得ず」続く?
現地10月21日に開催されるサウジアラビア大会「Crown Jewel」。ブロック・レスナーがローマン・レインズの持つWWEユニバーサル王座に挑戦します。 レスリング・オブザーバーによれば、この抗争はサウジ以降も続くようです。...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました