スポンサーリンク

【AEW】故ブロディ・リーの妻アマンダ氏の入社が発表される

ニュース

2020年12月に逝去したブロディ・リー(ルーク・ハーパー)。最後に所属した団体AEWの在籍期間は1年に満たないものでしたが、AEWにとって彼の存在は非常に大きく、あらゆる場面で彼のレガシーを最大限に活用しているほか、WWEからの大物レスラーの移籍にも強い影響を与えています。AEW関係者がリーの病気について外部に情報を一切漏らさなかったことが、彼のかつての同僚たちに団体への好印象を持つきっかけになったのです。

【AEW】CMパンクはメディアスクラムで何を語ったのか?復帰した理由、AEWとの契約内容、ダービー・アリン戦のアイデア、AEWとWWEの違い…
世界中のプロレスファンが待ち望んだ瞬間でした。現地時間8月20日に放送されたAEW Rampageで、CMパンクが復帰したのです。現代プロレス界で最も神格化された存在といえるプロレスラーが、(彼が言うところの)「プロフェッショナル・レスリン...
AEW入団のブライアン・ダニエルソンが今後の野望を語る。「ビンスは過保護だった。もう少しワイルドに生きたい」
AEWと契約し、PPV「ALL OUT」でサプライズ登場したブライアン・ダニエルソン。「ダニエル・ブライアン」のリングネームでWWEのビッグスターになった彼がWWE退団を決めた理由はなんだったのでしょうか? イベント終...

息子ブロディはリーがリーダーを務めたユニット「The Dark Order」の一員として番組に出演していますし、アマンダ夫人はユニットのビッグママ的な存在になっています。先日のDynamiteロチェスター大会では、内輪揉めが続いていたメンバーたちをアマンダが一喝するという場面がありました。

今日、アマンダはAEWで職を得たことを発表しました。コミュニティ・アウトリーチ・チームの一員としてDynamiteやPPVを開催する都市のコミュニティに働きかける仕事をするようです。仕事の詳細は明らかにされていませんが、地元でのAEWへの関心を高めるような活動だと推測されます。

アマンダは、「今は言葉では言い表せないほど幸せです。AEWの一員としてコミュニティと共に働くことができるなんて、まさに夢のような仕事です」とコメントしています。

いいことですね。一家は今後もAEWと共に歩んでいくのでしょう。

あわせて読みたい

【海外の反応】ドリームマッチは壮絶なしばき合いに。鈴木みのる VS ブライアン・ダニエルソンを海外ファンはどう見たか?
現地10月15日に放送されたAEW Rampageは、番組放送前に1時間のYoutube無料生配信がありました。3試合とプロモで構成されたこの配信で、鈴木みのるとブライアン・ダニエルソンのシングルマッチというとんでもないカードが組まれたので...
GCWがカリフォルニア州を中心とした姉妹団体「LA Fights」の設立を発表
アメリカのインディシーンでも特異な存在感を放っているGCW。面白ければなんでもOKというか、包容力の高い団体というイメージです。ハードコアなだけじゃない。 今日、GCWは姉妹団体「LA Fights」の設立を発表しました。その...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました