スポンサーリンク

【WWE】団体内でベテラン選手が多いことへの問題意識があると報じられる

ニュース

WWEには多くの選手が在籍しています。2020年から2021年にかけて多くのレスラーが解雇されたものの、それでも規模は世界一。年齢層も様々です。

しかし、団体内には「ある年齢層」の選手が多くなっていることについての問題意識があるそうです。レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、メインロースターの主要なポジションに「40歳以上の選手」が多いことに意識が向いているとのこと。

これはNXTが若手重視の路線に舵を切った原因の1つでしょう。

【WWE】NXTは「若手育成・体格重視」に路線変更する?
先日、WWEは12人のNXT所属選手を解雇しました。PWInsiderは、これがロゴや方針、番組フォーマットを含むNXTブランドの路線変更の一環だと報じています。 解雇の対象になったアッシャー・ヘイルは、Twitter...

30代のレスラーも多く、40代のレスラーまで活動していたかつてのNXTでは、メインロースターに若手を供給しきれないと考えたのかもしれませんね。20代のレスラーを育成し、メインロースターとして活躍できるスターを量産しなければならないのです。

将来有望な若手はたくさんいるでしょうし、リブートしたNXTがうまく機能すればいずれ問題を解決できるでしょう。インディシーンからのスカウトを停止していることがどう影響してくるのか……という心配もありますが、WWEの育成力に期待です。

(Wrestling Observer, WhatCulture)

あわせて読みたい

ブライアン・ダニエルソンが「新しいスターを生み出すAEWの仕事ぶり」を語る
2019年に旗揚げしたAEWには入団前から知名度が高いレスラーが多く在籍しています。クリス・ジェリコ、ジョン・モクスリー(ディーン・アンブローズ)、CMパンク、ブライアン・ダニエルソン(ダニエル・ブライアン)、マット・ハーディー……。彼らの...
【WWE】ボビー・フィッシュが退団前に「選手兼コーチ」の役割を引き受ける予定になっていたことが明らかに
2021年8月にWWEから解雇され、AEWに移籍したボビー・フィッシュ。アメリカのプロレスシーンで長年に渡って活躍し続けてきた44歳には様々な役割が期待されます。 WWE時代の彼はNXTを舞台に活動していました。メインロースタ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました