スポンサーリンク

【AEW】ミロ(ルセフ)がAEW世界王座挑戦権争奪トーナメントの決勝に進出。ブライアン・ダニエルソンとの権利を賭けた争いへ

ニュース

昨日、AEWはジョン・モクスリーがアルコール依存の治療を受けるために入院すると発表しました。彼はAEW世界王座への挑戦権を賭けたトーナメントに出場しており、現地11月3日に放送されるDynamiteでオレンジ・キャシディとの準決勝に出場予定でした。

結局、モクスリーは試合に出場できませんでした。代打としてキャシディと戦ったのは元TNT王座チャンピオンのミロ(ルセフ)。

キャシディの奮闘は実らず、勝利したのはミロでした。代打ながら決勝進出。先に決勝へ駒を進めていたブライアン・ダニエルソンとの対決が決まりました。

元WWE同士の対決。円満退団のブライアンと、そうではなかったミロが激しくぶつかり合う試合になりそうです。試合は11月13日開催のPPV「Full Gear」で行われます。

あわせて読みたい

【AEW】ジョン・モクスリーが考える史上最高のプロレスラーは「ブライアン・ダニエルソン」
先週のDynamiteで激突したブライアン・ダニエルソンとエディ・キングストン。2人と親しいジョン・モクスリーにとって、この試合はたまらないものだったそうです。 レスリング・オブザーバーのラジオ番組にゲスト出演したモクスリーは...
【WWE】クリエイティブに不服のブレイ・ワイアットに対し、ビンス・マクマホンが不満を抱いていたと報じられる
2021年7月にWWEから解雇されたブレイ・ワイアット。彼は、団体のクリエイティブに不服だったとされており、また団体側は彼のパフォーマンスや体重をネガティブなものとして捉えていたとされています。 Fightfulは、元...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました