スポンサーリンク

ファンダンゴが40歳での引退を示唆。「AEWやインパクトから声はかからなかった」

ニュース

2021年6月にWWEから解雇されたファンダンゴ。退団後はインディ団体で5試合に出場しましたが、大手団体からの契約は得られていません。

ファンイベントに参加した彼は、レスラーとしての今後の計画を語りました。現在38歳の彼は、40歳までに引退することを考えているようです。

AEWとインパクト・レスリングについても考えた。でも、話が来なくてね。別のいくつかの団体とは話をしたことがあるよ。ただ、キャラクターを変えて、違うテレビ番組に出ようかとも思っていてさ。ちょっと喧嘩するような感じのやつ。

俺は今38歳だけど、40歳くらいで引退しようと思ってるんだよ。だから、今はただ楽しみたい。インディ団体で試合をして、しばらく会っていないWWE時代の友達に会ってさ。もしテレビ番組に出られるようになったら、それはそれでいいしね。

WWEからの解雇によって人生設計が変わったレスラーももしかしたらいるかもしれませんが、良き人生を歩んでほしいです。

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【AEW】ムーンサルト・プレスで頭部を強打したランス・アーチャーの最新情報
現地10月23日に放送されたDynamiteでコーナートップからのムーンサルトに失敗し、頭部を強打してしまったランス・アーチャー。自力でバックステージに戻ることができ、元気そうだったというレポートもありましたが、怪我の状態が心配されました。...
【AEW】ジョン・モクスリー「現代のプロレスはマーベル・ユニバースのようなものだ」
プロレスはリアルなのか?本当の戦いがそこにはあるのか?今でも度々議論になる永遠のテーマです。様々な段階を踏んだ現代では、多くのファンは「夢中になれる楽しいエンターテインメント」だと考えているでしょうし、プロレスが苦手な人の中には「リング上で...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました