スポンサーリンク

【AEW】ダービー・アリンのブライアン・ダニエルソン評は「エゴがない。PPVじゃないと嫌というタイプじゃない」

インタビュー

WWEからAEWへ移籍後、精力的に活動しているブライアン・ダニエルソン。

移籍から3ヶ月。このわずかな期間に、彼はいくつもの名勝負を生み出しました。Dynamiteニューヨーク大会でのケニー・オメガ戦、Rampage放送前のYouTube配信での鈴木みのる戦、AEW世界王座挑戦権争奪トーナメントでのエディ・キングストン戦は非常に高く評価されています。

こういうプロレスをしたかったんだ、最初にブライアン・ダニエルソンを名乗っていたあの頃よりも今の俺の方が凄いんだ、と言わんばかりの活躍ぶり。好カードを出し惜しみしないAEWの特性もあり、彼はPPV以外の通常放送やYouTube配信で素晴らしい試合を演じています。

若手スターのダービー・アリンは、地元シアトルでブライアンと闘うことを希望しています。その背景には、彼なりのブライアン評がありました。

彼にはエゴがない。だからRampageでもDynamiteでもDarkでも試合ができるんだ。わがままな感じはまったくないよね。PPVでしか試合をしたくない、みたいなさ。むしろ毎週試合をしたがるタイプだよ。そういうハンガリーな人に相手をしてもらいたい。楽しいよ。

若手の鏡になるような存在です。契約期間は3年。この期間中、彼はプロレス界に何を残してくれるのでしょうか。

Fightful

あわせて読みたい

AEWトニー・カーン社長「WWEは選手と本当の契約をしていない。AEWの方が安心できる」
人件費削減のため、2020年から選手の大量解雇を続けているWWE。2021年11月には26名の選手が解雇されました。 解雇の対象になるのは、ブラウン・ストローマンやブレイ・ワイアットといった団体の顔クラスの大物から、ア...
【WWE】ガチ不仲のベッキー・リンチ&シャーロット・フレアー、Survivor Seriesでのフィニッシュについて激論が繰り広げられていると報じられる
10月にSmackDownで起きたあるセグメントをめぐる揉め事を機に注目されるようになったベッキー・リンチとシャーロット・フレアーのガチ不仲。 台本通りに進行せず、アドリブもうまく機能せず…バックステージでの口論の末、シャーロ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました