スポンサーリンク

【AEW】ダービー・アリンが「AEW古参」としての矜持とMJF戦を語る。「新顔が多いからこそ証明しなければ」

ニュース

2021年のAEWには多くの有名レスラーがやってきました。CMパンクとブライアン・ダニエルソン、クリスチャンはその筆頭格。その他にも、アダム・コール、アンドラーデ、マラカイ・ブラック(アリスター・ブラック、トミー・エンド)……プヲタたちに愛される実力者たちが活躍中です。

その一方、団体を引っ張る若手は、AEWが旗揚げした2019年当時から在籍しているメンバーが多いという特徴があります。ハングマン・ペイジ、ダービー・アリン、MJF、サミー・ゲバラ、ジャングル・ボーイ……大物たちが次々にやってきても、番組では彼らが重宝され、常に活躍の機会が与えられています。

アリンは、11月のPPV「Full Gear」で行われ、ファンから非常に高い評価を受けているMJF戦を自画自賛し、その上でAEW古参としての矜持を語りました。

変な言い方だし、変なことを言ってるのはわかるけど、あの試合は第一位にランク付けしないといけないんだ。マックス(・ジェイコブ・フリードマンことMJF)のことは褒めたくないんだよ。だから言い回しが奇妙になるんだけど……。AEWには新顔がたくさん来ているから、証明しなければならないことがたくさんあった。新顔たちや観客に対し、いわば「柱」となるレスラーがショーをスティールすることを証明しなければならなかったんだよ。俺たちはやってやった。混乱に満ちたこの時代で存在感を失わないのはいいことだよ。

あくまで「柱」は自分たちなんだ、という意志が伝わってきます。アリンやMJF、ゲバラ、ジャングル・ボーイもペイジのようにAEW世界王座を手にする日が来るでしょう。その日が来たら、アリンはMJFとのあの試合のことを思い出すかもしれません。素晴らしい試合でした。

Fightful

あわせて読みたい

ロッキー・ロメロが新日本プロレスとWWE & AEWの関係を語る。「WWEは数年に一度新日本と連絡を取る」
新日本プロレスは複数の海外団体と交流を持っています。現在、最も交流が盛んなのは、元新日本のレスラーが多く在籍するAEWでしょう。 2021年春、WWEと新日本が大会に向けた話し合いをしていると報じられました。内容はダニエル・ブ...
カート・アングルへのリスペクトを隠さないケニー・オメガに対し、カートがコメント。「光栄なこと
ベストバウト・マシーンことケニー・オメガはカート・アングルへのリスペクトを隠しません。 2人は度々お互いについて言及してきました。カートが ケニーはとんでもない才能の持ち主だと思うし、日本での活躍を見て「こりゃすごい、信じら...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました