スポンサーリンク

ブライアン・ダニエルソンがROHの再構築を語る。「辛い。俺もWWEから2回契約を切られたことがある」

ニュース

新日本プロレスとの提携でも知られるROH。

21世紀のアメリカインディシーンを牽引してきた団体ですが、所属レスラー全員との契約を解除し、団体の再構築に入ることになりました。

【ROH】シェイン・テイラーが当事者として「所属レスラー全員解雇」を語る。「驚いた。がっかり」
2022年4月の再始動に向け、所属レスラーたちとの契約をすべて解除するROH。最低でも年末までは給料が支払われるため、彼らはすぐに収入源を奪われるわけではありませんが、再びプロレス団体との契約を模索する日々が始まります。 ...
アダム・コールがWWE & ROHから解雇されたレスラーたちにメッセージ。「ここまで来れたのには理由がある」
団体の再構築に入るROHは所属レスラー全員との契約を解除し、WWEは人件費削減で18人のレスラーを解雇。プロレス界に厳しい話題が続いています。 ROHとWWEで活躍し、現在はAEWに在籍するアダム・コー...

2000年代にROHで大活躍し、その後WWEでビッグスターになったブライアン・ダニエルソン(ダニエル・ブライアン)は、この件について次のように語っています。

ただただ悲しかった。こういう状況だと、彼らと彼らの仕事のことを考えてしまうから辛いね。もうフルタイムの契約はないだろうし、そういうものだからさ。パンデミックはまだ続いてるし、WWEも選手たちをたくさん解雇している。フルタイムの契約はそうそうないものだ。契約があるから家を買う。収入が保障されると考えるからね。

この件がとても辛いのは、俺もWWEから2回契約を切られたことがあるからなんだ(2001年、2003年)。面白いことに、2回とも新しい車を買ったタイミングだったんだよ。いい車じゃなかったし、中古だけど…まあ、それはいいとして、[…]2001年の時は月350ドルのローンがあった。突然、そのローンや保険料などの支払いのために仕事を掛け持ちしなきゃならなくなってしまってね。車を買ったのは、今後3年間は週500ドルの収入がある、と思ったから。どういうことかわかるかな?

保障されていた収入が急になくなって、いろんなものを探そうとしても、大学に行ってなかったり、インディ団体で週50〜75ドルくらい稼がないといけなかったりするわけだよ。苦しい立場になってしまうかもしれない。[…]ROHやWWEを離れることになってしまったレスラーたちは、契約によって得られる収入をあてにして家を買ったんだ。なのに、急にローンの支払いが大変になってしまう。

ブライアンの体験談から彼らの生活のことを考えると、本当に大変なことが起きたんだ、というのがわかります。全員は無理でしょうが、少しでも多くのレスラーが新たにいい契約を得られるといいですね。

Cultaholic

あわせて読みたい

ロッキー・ロメロが新日本プロレスとWWE & AEWの関係を語る。「WWEは数年に一度新日本と連絡を取る」
新日本プロレスは複数の海外団体と交流を持っています。現在、最も交流が盛んなのは、元新日本のレスラーが多く在籍するAEWでしょう。 2021年春、WWEと新日本が大会に向けた話し合いをしていると報じられました。内容はダニエル・ブ...
【WWE】セス・ロリンズが「RAW収録中にファンから襲撃される事件」にコメント。「ゾッとする話だよ」
現地11月22日に放送されたRAWで事件が起きていました。 番組出演したセス・ロリンズが、花道を歩いているときに客席から乱入したファンにタックルされたのです。 この件について取材されたロリンズは、次のように答えています。...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました