スポンサーリンク

ジョナ・ロック(ブロンソン・リード)がAEWとの契約に至らなかった理由を明かす。「最優先は新日本プロレス」

ニュース

2021年には多くの元WWEスーパースターがAEWにやってきました。

彼らはAEWでもしっかりと存在感を示し、優れたパフォーマーであることを示しています。約7年半ぶりに復帰したCMパンクや、名勝負を量産しているブライアン・ダニエルソンはその代表格ですね。

WWEからリストラされ、AEWに移籍するレスラーも少なくありませんでしたが、しかし、誰もがAEWとの契約を選んでいるわけではありません。

NXTで「ブロンソン・リード」のリングネームで活躍し、今後は新日本プロレスとインパクト・レスリングで活動することになっているジョナ・ロックは、AEWというチョイスをしなかったレスラーの1人です。Inside The Ropesのインタビューの中で、彼はその理由を語っています。

ああ、AEWとは少しだけ話をしたけど、契約とかには至らなかったんだ。最優先は新日本プロレスで、その次がインパクト・レスリング。2団体とも同じように俺に連絡をくれて、大事にしてくれている。ただ、これでAEWのリングに上がることがなくなったわけではないよ。今は別のことに集中したいだけ。いつかジョナがAEWに出るかもしれない。

実績のある大柄な選手はどの団体にとっても欲しい人材でしょう。日本のリングに上がる姿をまた見たいですね。

【新日本プロレス】ジョナ・ロックが「現代のビッグバン・ベイダー、スコット・ノートンになる」ことを目標に掲げる
新日本プロレスに参戦するジョナ・ロック。WWEでは「ブロンソン・リード」のリングネームで活躍し、NXT北米王座を獲得した実績の持ち主です。 恵まれた体型を生かしたスタイルが魅力のジョナ。新日本ではビッグバン・ベイダーやスコット...

ITR

あわせて読みたい

WWEが新人女性選手の評価で「ルックス」をより重視するようになったと報じられる
2021年のWWEは新人選手の採用方針を変え、インディシーズンからのスカウトよりも「スポーツ・エンターテインメント」向きのアスリートに注目するようになりました。 軽量級よりも重量級、ルックス重視。NXTはメインロースターとして...
【AEW】ハングマン・ペイジが語る「社交不安障害から救ってくれたプロレス」
4代目AEW世界王座チャンピオンのハングマン・ペイジ。初の防衛戦となった先日のブライアン・ダニエルソン戦はファンから極めて高い評価を得ています。 今でこそ立派に団体最高峰のベルトを腰に巻くチャンピオンのペイジですが、か...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました