スポンサーリンク

炎上した「AEWの多様性問題」、リオ・ラッシュがトニー・カーン社長と話し合う。「今回の問題は人種的な無神経さ」

ニュース

2021年11月にAEWを退団したビッグ・スウォールがAEWの構造的問題を指摘し、その中の「人種・文化的多様性」への問題提起にトニー・カーン社長が反論して炎上した一件。

【AEW】退団したビッグ・スウォールとトニー・カーン社長が団体の構造を巡って衝突。リオ・ラッシュがトニーに怒り
2021年11月にAEWを退団した女性レスラーのビッグ・スウォールが、自身のPodcast番組で「AEWが抱える構造の問題」を指摘し、それにトニー・カーン社長が反論するという出来事がありました。 スウォールはAEW古参...

スウォールは「AEWには黒人文化をレペゼンする存在がいない」と指摘し、「黒人だけではなく、ラテン系やヒスパニック系、アジア系を増やしてほしい。アジア系とインド系は団体に愛されていない気がする」とコメント。これに対して、トニーは

AEWの重役のトップ2は褐色人種(俺とメガ・パーリク)だよ!!ジェイド・カーギル、アンソニー・ボーエンズ、マックス・キャスター、ダンテ・マーティン、ナイラ・ローズ、アイザイア・キャシディ、マーク・クエンが12月にテレビ番組に出て勝った。TBS王座の初代チャンピオンを決めるトーナメントの出場者は多種多様だよ。スウォールと再契約しなかったのは、彼女のプロレスが良くないと思ったからだ。

と反論しました。AEWには多様性がある、そのことを意識している、という旨の発言。スウォールへのリスペクトに欠ける一文も含まれていますが、このツイートはファンのさまざまな反応を引き起こしました。

このツイートに怒りを見せていたリオ・ラッシュは、トニー&メガと話し合う機会があったことをTwitterで明かし、社会的平等に関する会社の将来について楽観的であり、会社をより良くするために積極的にアプローチしていくと説明しました。

これだけははっきりさせておきたい…。これは多様性の問題だとは思ってないし、AEWやトニーが人種差別主義者だと思ったことも言ったこともない。プロレス界全体、そしてAEWのロースターが多様性を持ち続けているのは、誰の目にも明らかだ。今回の問題は、人種的な無神経さにある。

トニーやメガと話をして、黒人コミュニティの苦労をさらに理解するための努力について議論したよ。トニーとメガが抱える民族的背景をより理解できるようになったことを感謝すると共に、彼らがアフリカ系アメリカ人の視点からの意見を積極的に求めていることを嬉しく思う。社会的平等を実現しようとする上司や会社の元で働けることを誇りに思うよ。これからもトニーと共にポジティブな変化に向けて歩んでいこうと思う。2022年があるゆる面でポジティブな変化の年となることを祈るよ。

色んなレスラーがいるから多様性がある、という問題ではないという認識でしょうか。スウォールが指摘した、彼女の娘が「AEWには私やパパ(セドリック・アレキサンダー)みたいな人がいない」と言い、ビッグEやビアンカ・ブレアのためにWWEを見るようになった、という点に焦点があったのかもしれません。

AEWには黒人のファンの割合が少ない、というデータをどこかで見た記憶があります。誰かの目には「十分だ」と思えることが、実際にはそうではなかった、というのは珍しいことではありません。お互いに努力していくことは重要です。

あわせて読みたい

【WWE】ビンス・マクマホンがRAWに持ち込まれた「ニックはペテン師、トニーはカーン」のサインボードを撤去
WWEの最高責任者ビンス・マクマホンが、RAWの最新回に持ち込まれたあるサインボードを撤去したと報じられています。 レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、撤去されたサインボードに書かれていたのは「Nick=Con ...
【新日本プロレス】ジェイ・ホワイトは「いつAEWに出るの?」と聞かれることにうんざりしている
新日本プロレスのトップ外国人スター、ジェイ・ホワイト。 卓越した試合運び、優れたマイクスキルはプロレスファンから高く評価されています。新型コロナウイルスのパンデミックにより外国人レスラーの来日が以前のようにいかない昨今、新日本...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました