スポンサーリンク

AEWがイギリスでの番組放送規模を拡大。Rampageのテレビ放送もスタート

ニュース

2019年に設立したAEWは、新型コロナウイルスのパンデミックにより海外進出が十分に叶わない状態が続いています。

しかし、ビジョンはあります。社長のトニー・カーンは2022年中にイギリスでのショー開催を計画しているとされていますし、副社長のケニー・オメガは東京スポーツのインタビュー記事の中で「日本の両国国技館でショーを開催したい」と語っていました。

海外進出に欠かせないのは地道な広報活動です。AEWはイギリスでの人気拡大に力を入れており、2021年の段階でDynamiteがテレビ放送されていました。

レスリング・オブザーバーによれば、今後はRampageもテレビ局(ITV & ITV4)で週2回(火曜夜と木曜夜)放送されることになるそうです。また、Dynamiteは週2回(金曜深夜と月曜夜)放送のうち1回(月曜夜)が1時間のダイジェスト版でしたが、今後はすべての放送が無編集での放送に切り替わるとのこと。

ITVはイギリス最大の民間放送局。イギリスのファンはAEWの番組をどちらもテレビで楽しむことができるようになりました。厳しいかもしれませんが、日本はまだか…と期待する気持ちはあります。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【WWE】ジョン・モクスリーが「カリオン・クロスはローマン・レインズの良いライバルになるだろう」と思っていたことが明らかに
2021年、本当にいろんなことがあった末にWWEから解雇されたカリオン・クロス。 メインロースターとして活躍することはできなかった彼ですが、WWE入団前の2019年にインディ団体でジョン・モクスリーと対戦した際、モクス...
炎上した「AEWの多様性問題」、リオ・ラッシュがトニー・カーン社長と話し合う。「今回の問題は人種的な無神経さ」
2021年11月にAEWを退団したビッグ・スウォールがAEWの構造的問題を指摘し、その中の「人種・文化的多様性」への問題提起にトニー・カーン社長が反論して炎上した一件。 スウォールは「AEWには黒人文化をレペゼンする存...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました