スポンサーリンク

【AEW】元ROHダンハウゼンがAEWと契約。一方、マルコ・スタントはインディ団体でのブッキングを募集

ニュース

2022年のAEWでは、設立イヤーとなった2019年に団体と契約したレスラーたちが次々と契約満了を迎えることになります。ロースターが一気に拡大した2021年を経て、古参組には厳しい1年になりそうです。

【AEW】今後2ヶ月のうちに契約満了で退団するレスラーが複数現れると報じられる
今日、本サイトでは2名のAEW所属レスラーに関する情報を紹介しました。ピーター・アヴァロンは契約満了で退団、リオ・ラッシュは2月にフリーエージェントになります。 2019年に旗揚げしたAEWは、当初からレスラー...

現地1月26日放送のDynamiteには、元ROHの人気レスラー、ダンハウゼンが登場。AEWとの契約も発表されました。カルト的な人気を誇る彼はAEW向きの人材ですし、いろんな役割をこなせるでしょうから、今後も活躍が楽しみです。Very nice, Very Evil, Very All Elite.

一方、2021年中盤から出番がめっきり減っていたジュラシック・エクスプレスのマルコ・スタントは、インディ団体からのブッキングを募集することを発表しました。これは先日AEWとの契約を満了して退団したピーター・アヴァロンと同じ動きです。

【AEW】姿を消しているマルコ・スタントと団体のステータスはどうなっているのか?
ジュラシック・エクスプレスのメンバーとして活躍していた身長155センチの小柄レスラー、マルコ・スタント。 最近、彼は出番がありません。Dynamiteでの試合は2021年3月、AEW Darkでは2021年9月が最後となり、彼...

身長155センチ。あまりにもユニークな体格を活かした活躍を期待されていましたが、ちょっとヤバいかも。

あわせて読みたい

【AEW】Codyがフリーエージェントとして参戦している事実を認める。「ファラオの命に誓って」
AEW設立メンバーの1人で、団体の重要人物と目されてきたCody。 偉大な父ダスティ・ローデスの血を受け継ぐロイヤルファミリーの一員である彼は、リングの内外で強い存在感を示してきました。プロレス以外のプロジェクトにも貪欲です。...
【WWE】ニック・カーン社長が「団体売却の誘いがあること」を認める。ビンス & ニックの考えは
2021年に大規模な経費削減を敢行したWWE。多くの選手やスタッフが解雇されたほか、WWE JAPANも解散しました。 こうした動きを受け、一部では「身売りするのでは」という噂も。 WWE社長のニック・カ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました